「編曲(コード伴奏)」 W
ピアノ伴奏

【目次】 T U V W X Y Z ]

講座

W

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 W-1 oc-41  「ピアノ」伴奏@
  第2回 W-2 oc-42  「ピアノ」伴奏A





W-1
「ピアノ」伴奏@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「ピアノ」伴奏@

「ピアノ」伴奏@です。

「オカリナ」「ソロ」でもいいですが、「ピアノ」等の伴奏楽器が付くとより一層、楽しくなりますので、
簡単「ピアノ」伴奏の付け方について書いてみます。







。 「ピアノ」伴奏      

2-1。 「原曲」

■ まず、「メロ(オカリナ)」「コード」原曲です。




♪ oc-111.3a








。 「編曲(ピアノ伴奏)」     

3-1。 「ピアノ伴奏」を書く

「コード」の部分を、具体的な「伴奏」に書き換えます。

「伴奏(バッキング)」には、「コード(和音的)」バッキングと「メロディー(旋律的)」バッキングがあります。
今回は、「コード(和音的)」バッキングについてです。

両手「8分音符」系。 「ジクザグ」パターン(型)で書いてみました。
 



♪ oc-111.3


「G7/B(シ)」「F/A(ラ)」転回にしました。 ですので、

「G7/B」は、「バス(最低音)」「シ(B)」
「F/A」は、「バス(最低音)」「ラ(A)」。 です。

これは、ピアノの左手である、「バス(最低音)」ラインを、多少、「メロディック」(旋律的)にしたためです。
アレンジするのは自由ですので、いろいろ試行錯誤してみましょう。


「ピアノ伴奏」詳細は、リンク先をご覧ください。







。 「備考」     

4-1。 「転回」

「転回」についての説明です。

「転回」のコードとは、「バス(最低音)」の位置が変わることです。

例えば、「C」コードの基本形は、低い方から「ドミソ」ですが、これを、低い方から、
「ミソド」にすると「C/E(ミ)」。 
「ソドミ」にすると「C/G(ソ)」
 









。 「参考・関連」ページ     

5-1。「参考・関連」ページ

ピアノ伴奏法@
ピアノ伴奏法A






inserted by FC2 system