編曲(その他)」 X
その他の伴奏

【目次】 T U V W X Y Z ]

講座

X

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 X-1 oc-51  「副・対旋律。(2声)」@
  第2回 X-2 oc-52  「副・対旋律。(2声)」A





X-1
「副・対旋律。(2声)」@









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「副・対旋律。(2声)」@

「副・対旋律。(2声)」についてです。

「伴奏(バッキング)」には、「コード(和音的)」バッキングと「メロディー(旋律的)」バッキングがあります。
今回は、「メロディー(旋律的)」バッキングについてです。







。 「副・対旋律。(2声)」@      

2-1。 「副・対旋律」

「パート1」=オカリナ
「パート2」=アコーディオン/鍵盤ハーモニカ などの別の楽器


「※1」は、「下3度」ハーモニー(副旋律)です。 
「パート1(メロ)」に対して、「ソ→ファ→ミ」というように、下へ「3度」ということです。 なので、
「パート1(メロ)」は、「ソ・ファ・ミ」ですので、それぞれ、下へ「3度」を書くと、「ミ・レ・ド」となります。

その他に、「下6度」「上3度」がよく使われます。


「※2」は、「対旋律」です。 
「対旋律」とは、「メロディック(旋律的)」な伴奏で、「メロ」と反対方向に書く場合が多いです。

ここでも、「パート1(メロ)」上行(上昇)に対して、「パート2(対旋律)」下行(下降)していますね。


「※3」も、「対旋律」です。 考え方は同じですので説明は省略します。
ちなみに、「理論」はありますが、やはり「音感」で理解することが大切です。

「習う(理論)」より「慣れろ(音感)」です。
いろいろ試行錯誤しているうちに、「感覚的」に分かってきます。




♪ oc-51.1

「パート2」=アコーディオン/鍵盤ハーモニカ などの別の楽器のため、

※3は、「低い・ラ」よりさらに低い音がありますので、
「オカリナ(C管)」の場合は、音域が足りませんので修正が必要です。 (次のページ・参照)







。 「参考・関連」ページ     

3-1。「参考・関連」ページ

「その他・講座」

    「T8。 合奏・伴奏(基礎)2 (副・対旋律。多声)」
    「T11。 合奏3 (アレンジ補完) 「900-S600」






inserted by FC2 system