ピアノ伴奏法@ T-2
片手・伴奏(右メロ) (基礎)

【目次】

講座

T

 講座No

ファイル名

内容

備考

  第1回 T-1 p-11  「主要3コード (C・F・G)」 片手伴奏
  第2回 T-2 p-12  「G7」 片手伴奏
  第3回 T-3 p-13  「Dm。Em。Am」(副3和音) 片手伴奏
  第4回 T-4 p-14  「セカンダリー・ドミナント」 片手伴奏
  第5回 T-5 p-15  「経過和音」 片手伴奏




目次


T-2
片手・伴奏(右メロ) (基礎)
「G7」




コンテンツ

  1 テーマ
  1。 「片手伴奏」。「G7」

  2 「G7」 
  1。「G7」   







1。 テーマ       (指示なきは「C調」)

  

1。 「片手伴奏」。「G7」

片手・伴奏」 (左手・伴奏。 右手・メロ) [ソロ]です。 
「G7」についてです。








。 「G7」     

2-1。 「G7」

片手・伴奏」 (左手・伴奏。 右手・メロ) [ソロ]です。 
「G7」についてです。

「G7」には、「転回」により、「G7」。 「G7/B」。 「G7/D」。 「G7/F」があります。
今回は、「G7/B」。 「G7/D」についてです。



 「G7/B」。

「3小節め」。 「G7/B」についてです。

「コード」は、「C」のポジションに合わせ、「G7」は、弾きやすいよう「G7/B」としています。
また、伴奏は「G7」では、「ソシレファ」の「4和音」ですが、「3和音」にした場合です。

その場合は、「1つ」省略するわけですが、ケースバイケースでいろいろあります。
例では、「レ」省略してあります。 

通常は、まず、コードの「5音」である「レ」抜きます

「5音」とは、「G7」では、「ソシレファ」ですので、順番に、
「1音(根音・ルート)・ソ」。 「3音・レ」。 「5音・レ」。 「7音・ファ」。 なので、

「5音」とは、「レ」のことです。






「重複」「省略」について。

音楽では、音を「重ねる(重複)」場合と、「省略」する場合があります。
これもケースバイケースなのですが、例では、「3小節め・1拍め」において

「メロ」「レ」がありますので、重複しないよう、
「伴奏」では、バス(最低音)「シ」を選んでいます。




 「G7/D」。

「3小節め」。 「G7/D」についてです。
考え方は同じです。 「3小節め・1拍め」において

「メロ」「シ・3音」があれば、重複を避け、伴奏では、「シ」を抜き、「レ」のバスにします。 
「コード」は「G7/D(レ)」となります。









 「G7/B」と「G7/D」の混合

「G7/B「G7/Dの混合です。

「2小節め・3拍め」。 「メロ」に「レ・5音」があれば、重複を避け、「コード」は「G7/B(シ)」
「3小節め・3拍め」。 「メロ」に「シ・3音」があれば、重複を避け、「コード」は「G7/D(レ)」






ちなみに、「時間差」で、発音のタイミングのズレ。ダブリ(重複)がある場合もよくあります。
その場合は、シビアに対処する必要はありません。 
「できる範囲」で対応すればOK。





■■■ まとめ ■■■

「G7」の関係についてやってみました。

「重複」「省略」についてありましたが、絶対的な「きまり」ではなく
「優先」的に対応すればいいので、わからなければ「無視」しても結構です。






inserted by FC2 system