ピアノ伴奏法@ U-3
両手・伴奏(別メロ・歌メロ) (基礎)

【目次】

講座

U

 講座No

ファイル名

内容

備考

  第1回 U-1 p-21  「主要3コード (C・F・G)」 両手伴奏
  第2回 U-2 p-22  「G7」 両手伴奏
  第3回 U-3 p-23  「Dm。Em。Am」(副3和音) 両手伴奏
  第4回 U-4 p-24  「セカンダリー・ドミナント」 両手伴奏
  第5回 U-5 p-25  「経過和音」 両手伴奏




目次


U-3
両手・伴奏(別メロ・歌メロ) (基礎)
「Dm。Em。Am」




コンテンツ

 1 テーマ
  1。 「Dm。Em。Am」

 2 「Dm。Em。Am」
  1。 「Dm」  2。 「Em」
  1。 「Am」  







1。 テーマ       (指示なきは「C調」)

  

1。「両手伴奏」。「Dm。Em。Am」

両手・伴奏」 (メロ【別】)」です。
「Dm。Em。Am」についてです。








。 「Dm。Em。Am」     

両手・伴奏」 (メロ【別】)」です。
「Dm。Em。Am」についてです。




2-1。 「Dm」

 「Dm」

「Dm」の伴奏に注目してください。

「バス」は、「ルート」の基本形の場合です。 
「コード部」は、前のコードに「近い」位置。 ポジションを考慮して書いていきます。

例えば、「C-Dm」において、「コード部」は、
「ミ-ファ」。 「ド-レ」。 「ソ-ラ」。のように、「近い」音に連結させます。(「同じ音」は、同じ音で繋ぐ)

シビアにやる必要はありません。 できるだけ意識をすれば結構です。 










2-2。 「Em」

 「Em」

「Em」の伴奏に注目してください。

概念は、上記と同じです。
「コード部」は、「近い」音に進む。 「同じ音」は、「同じ音」で繋ぐ。 










2-3。 「Am」

 「Am」

「Am」の伴奏に注目してください。

概念は、上記と同じです。
「コード部」は、「近い」音に進む。 「同じ音」は、「同じ音」で繋ぐ。 










■■■ まとめ ■■■

「Dm。Em。Am」についてでした。

「コード部」は、「近い」音に進む。 「同じ音」は、「同じ音」で繋ぐ。
ポジションを考慮して書いていきます。 

シビアにやる必要はありません。 できるだけ意識をすれば結構です。 






inserted by FC2 system