ピアノ伴奏法@ V-4
応用 @

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 p-31  「片手伴奏」(10度以上のアルペジオ)
  第2回 V-2 p-32  「G7」
  第3回 V-3 p-33  「両手伴奏」。「セブンス」
  第4回 V-4 p-34  「両手伴奏」(その他)




目次


V-4
応用 @
「両手伴奏」(その他)




コンテンツ

 1 テーマ
  1。 「両手伴奏」(その他)

 2 「両手伴奏」(その他)
  1。 「コード」の連結   2。 「セブンス」の連結 (コード部・3和音)







1。 テーマ       (指示なきは「C調」)

  

1。「両手伴奏」(その他)

「両手・伴奏」(その他)








。 「両手伴奏」(その他)     

2-1。 「コード」の連結

 「コード」の連結 @

「コード」の連結の基本は、「同じ音」は、同一の「声部(パート)」に、「保留」する。
「同じ音」がない場合は、「近い音」に進む。

例では、「C→F」では、「コード(右手)部」「ド→ド」が、「保留」です。 









 「コード」の連結 A

@では、「コード部」の連結時、「同じ音」は、同一の「声部(パート)」に、「保留」しましたが、
「意図的」に書いた場合は、拘らず配置してもいいです。 (「保留」しなくてもよい)

「意図的」とは、「副・対旋律」などの要素を加味したいなどのことです。

なので、例では、「コード(右手)部」「最高音」「声部(パート)」は、
「ミ→ソ→ラ→ラ→ソ→ソ→ミ」旋律を、意識した。加味したということです。

なので、例えば、「C-Em」間では、「ソ」「保留していません」










2-2。 「セブンス」の連結 (コード部・3和音)

 「セブンス」の連結

「ポピュラー」などでは、シビアに連結する必要はありません
「横」の流れは、「クラシック」では強いですが、「ポピュラー」などでは、ほとんど意識しません

「ポピュラー」などでは、「ヴォイシング(縦の配置)」の意識が強く、コードの連結はほとんど意識しないので、連結については、「保留」したり、「近い音」に進むとか、シビアにやらなくても結構です。

例では、「バス」が「1声」
「コード部」は、それ以外の音を、「密集」。 G7は、ドミナント7のため、状況による。











inserted by FC2 system