ピアノ伴奏法@ W-1
応用 A

【目次】

講座

W

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 W-1 p-41  「両手伴奏(メロ含む)」 (ヴォイシング)
  第2回 W-2 p-42  「演奏の種類」@ 「3声・4声」。「終止」。「G7」
  第3回 W-3 p-43  「演奏の種類」A 「片手・両手」ソロ。「両手」(メロ別)
  第4回 W-4 p-44  楽曲「分析」手順 [1部形式・Aメロ] (Aメロの分析)
  第5回 W-5 p-45  楽曲「構築」手順 [1部形式・Aメロ] (Aメロのアレンジの仕方)




目次


W-1
応用 A
「ヴォイシング」




コンテンツ

 1 テーマ
  1。 「両手伴奏(メロ含む)」 (ヴォイシング)

 2 「クローズ・ヴォイシング」
  1。 「クローズ・ヴォイシング」  2。 「クローズ・ヴォイシング」の変化・応用

 3 「オープン・ヴォイシング」
  1。 「スプレット・ヴォイシング」   2。 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 2)
  3。 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 2&4)   4。 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 3)







。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「両手伴奏(メロ含む)」 (ヴォイシング)

「両手・伴奏(メロ含む)」。「ヴォイシング」関係について







。 「クローズ・ヴォイシング」     

2-1。 「クローズ・ヴォイシング」

「両手伴奏(メロ含む)」において、「クローズ・ヴォイシング」です。



 4ウェイ・クローズ

「クローズ・ヴォイシング」には、
「3ウェイ・クローズ」「4ウェイ・クローズ」「5ウェイ・クローズ」があります。
今回は、「4ウェイ・クローズ」です。 (ただし、「3ウェイ・クローズ」は、省略)

「右手」は、「メロ(トップノート)」「コード部」です。
「コード部」は、「メロ」が、

  「コードトーン」の場合は、「転回」。 
  「ノン・コードトーン(非和声音・外音)」の場合は、

さらに、「メロ」直近下「コードトーン」を、「1つ省略」します。

例では、「△」のところですが、CM7のところでは、「ラ」が外音のため、
その下のコードトーンである「ソ」省略

G7のところでは、「ミ」が外音のため、その下のコードトーンである「レ」省略
また、「左手」「根音」です。






備考。
4小節めの最後ですが、「C6」としています。

これは、「CM7」でもいいのですが、「転回」した場合、
「ミソシド」と、「シド」「短2度(半音)」になりぶつかかるため、「C6」も使います。




 5ウェイ・クローズ

これは、「4ウェイ・クローズ」に対し、さらに、「メロ(トップノート)」強調させるために、
「左手」に、オクターブ下「ダブ」らせたものです。










2-2。 「クローズ・ヴォイシング」の変化・応用

「クローズ・ヴォイシング」の変化・応用です。



 「4ウェイ・クローズ」の変化・応用

先は、「メロ」1音毎に、ヴォイシングしていましたが、ジャズなどの「にぎやか系」です。
なので、もう少し、「大人しめ」な曲にも使えるようにしてみます。

ということで、「コード」をつけるところを、「間引き」しました。
「弾き語り」などの歌ものには、ちょうどいいのではないでしょうか。
「左手」は「根音」です。









 「5ウェイ・クローズ」の変化・応用

これは、さらに、「5ウェイ・クローズ」。 「メロ」の「ダブリング」をしたものです。

この「ダブリング」したところは、「メロ(主旋律)」ですので、応用として「対旋律」にしてもいいわけです。
 (例では、「主旋律」のままです)

また、和音も、今回は「コード部」では、メロを含め「4和音」ですが、適時、増減すれば、
かなり「実践的」な「雛形」になります。












。 「オープン・ヴォイシング」     

3-1。 「スプレット・ヴォイシング」

「両手伴奏(メロ含む)」において、「1-7-3」。「1-3-7」の和音配置です。



 「スプレット・ヴォイシング」(3-7。7-3)

「両手伴奏(メロ含む)」において、「1-7-3」「1-3-7」の和音配置です。

内声の「7-3」。または、「3-7」の流れは、
できたら、「同音」は「保留」。 その他は、「近く」に連結するよう意識すると、
各パートの流れがより綺麗になります。










3-2。 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 2)

 「ドロップ 2」@

「ドロップ 2」は、クローズコード部の、「上から2番め」の音を、オクターブ下げたものです。
例では、1小節めの「CM7」では、「ミ」オクターブ下げ、左手に置きます。

ちなみに、最後の「C6」では、最低音が「ラ」でしたので、
「最低音」の「ド」をサポートし足してあります。 (※)









 「ドロップ 2」A

先の「ドロップ2」に、コードのバスを足しました。










3-3。 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 2&4)

 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 2&4)

「ドロップ 2&4」は、クローズコード部の、「上から2番め。4番め」の音を、オクターブ下げたものです。
例では、1小節めの「CM7」では、「ミ」「シ」オクターブ下げ、左手に置きます。

ちなみに、最後の「C6」では、最低音が「ミ」でしたので、
「最低音」の「ド」をサポートし足してあります。 (※)










3-4。 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 3)

 「ドロップ・ヴォイシング」 (ドロップ 3)

「ドロップ 3」は、クローズコード部の、「上から3番め」の音を、オクターブ下げたものです。
例では、1小節めの「CM7」では、「ド」をオクターブ下げ、左手に置きます。

ちなみに、最後の「C6」では、最低音が「ソ」でしたので、
「最低音」の「ド」をサポートし足してあります。 (※)











inserted by FC2 system