ピアノ伴奏法@ W-2
応用 A

【目次】

講座

W

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 W-1 p-41  「両手伴奏(メロ含む)」 (ヴォイシング)
  第2回 W-2 p-42  「演奏の種類」@ 「3声・4声」。「終止」。「G7」
  第3回 W-3 p-43  「演奏の種類」A 「片手・両手」ソロ。「両手」(メロ別)
  第4回 W-4 p-44  楽曲「分析」手順 [1部形式・Aメロ] (Aメロの分析)
  第5回 W-5 p-45  楽曲「構築」手順 [1部形式・Aメロ] (Aメロのアレンジの仕方)




目次


W-2
応用 A
「演奏の種類」 @




コンテンツ

 1 テーマ
  1。 「演奏の種類」 @

 2 「3声・4声」(片手・伴奏)
  1。 「3声・4声」(片手・伴奏)  

 3 「終止」
  1。 「半終止」   2。 「偽終止」
  3。 「全終止」   

 4 「G7」。[重複と省略] 
  1。 「G7」(3音・シ・導音)。 [重複と省略] 
  2。 「G7」(7音・ファ)。 [重複と省略]







1。 テーマ       (指示なきは「C調」)

  

1。「演奏の種類」 @

「演奏の種類」関係について








。 「3声・4声」(片手・伴奏)     

「3声・4声」(片手・伴奏)について



2-1。 「3声・4声」(片手・伴奏)

 「3声・片手・伴奏」

3声片手・伴奏」は、「バス(1声)」+「コード部(2声)」=3声・伴奏 です。









 「4声・片手・伴奏」

4声片手・伴奏」は、「バス(1声)」+「コード部(3声)」=4声・伴奏 です。






その他、
5声片手・伴奏」は、「バス(1声)」+「コード部(4声)」=5声・伴奏 もありますが、
「響き」の関係や、「押さえ方」が難しくなります。 (講座・省略)







。 「終止」     

「終止」関係について



3-1。 「半終止」

 「半終止」 @

「半終止」についてです。  (曲は続きますが、省略)
「4小節め」が、G7「基本形」の場合です。 

これでもいいのですが、基本形は、「全終止」に使うように、「バス」が重いので、
「途中」では、次のAのように「転回形」もよく使います。









 「半終止」 A

「4小節め」が、G7/B「1転」です。  (曲は続きますが、省略)

転回により、ベースラインが、緩やかになります。 
このように曲の「途中」では、「転回」がおすすめです。 もちろん、「基本形」を使っても構いません。










3-2。 「偽終止」

 「偽終止」

広義的に、「偽終止」の部分についてです。  (曲は続きますが、省略)

「5小節め」が、Cの場合は、曲の「途中」なので、「1転・C/E」です。 
もちろん、「基本形」を使っても構いません。










3-3。 「全終止」

 「全終止」 @

「全終止」についてです。

「3小節め」が、G7「基本形」による「全終止(G7-C)」です。 









 「全終止」 A

「3小節め」が、「C-G7」の場合、「Cの2転」をし、「バス」を「G」に統一するケースです。

そうしますと、「C/G-G7」となります。 終止により安定感がでます。 









 「全終止」 B

「3小節め」が、「Dm-G7」。 「U-X」の場合です。

基本形でもいいのですが、「Dm/F-G7」とすると、バスは、「ファ-ソ」という流れが作れます。 
 備考。 (「Dm」の「3音(ファ)」は、原則、「重ねない」が、Uの1転Dm/Fは、例外として可)

そうしますと、ついでに、その前の「C」も「C/E」にしたくなりますので、さらに
バスは、「ミ-ファ-ソ」という流れを作れます。 

結局、「曲調」と「好み」の問題ですので、本人が判断・選択してください。












。 「G7」。[重複と省略]     

「G7」。[重複と省略]について



4-1。 「G7」(3音・シ・導音)。 [重複と省略]

「G7」の「重複」と「省略」です。 



 「G7」 (3音・シ・導音) @

「G7」「3音・シ」は、原則、「重ねない」。 (Uの1転Dm/Fは、例外として可)

「G7」の「3音・シ」は、メロ「シ-(ド)」「導音の働き」があるときは、特に、注意。「重ねない」。
ちなみに、「省略」は、まず、「G7」の「5音・レ」からする。

「*(1拍め)」メロに、「3音・シ」があるので、できれば「重ねない」。 (例は、重ねている)
「*(4拍め)」メロに、「3音・シ」があり、「シ-(ド)」なので、「シ-(ド)」回避のため「省略」した。









 「G7」 (3音・シ・導音) A

「*(4拍め)」メロが、「3音・シ」でないので、伴奏「シ」はよい。

ちなみに、「省略」は、まず、「5音・レ」からし、
次に、「3音・シ」を省略する。 (「7音」は、できるだけ省略しない)

なので、伴奏の「5音・レ」を省略。










4-2。 「G7」(7音・ファ)。 [重複と省略]

 「G7」 (7音・ファ) @

「G7」の「7音・ファ」は、できれば、「重ねない」

「*(2拍め)」のメロが、「7音・ファ」なので、重複回避のため、伴奏の「7音・ファ」省略









 「G7」 (7音・ファ) A

和音を「連打(同時和音)」するような場合、「3音・シ」「7音・ファ」「重複」してしまう場合がある。

この場合、「省略」は、まず、「5音・レ」からし、
次に、「3音・シ」省略する。 (「7音」は、できるだけ省略しない)
なので、伴奏の「3音・シ」省略する。

「7音・ファ」「重複」はしない。 
しかし、和音を「連打(同時和音)」するような、アルペジオは、「同型」の反復という意味もあるので
G7内で、省略する音を細かくやるより、重複してしまっても、流れ・勢い優先にする場合もある。

「*(2拍め)」は、伴奏で「3音・シ」省略。 「7音・ファ」「重複」してしまったが、構わない。
「*(4拍め)」は、伴奏で「3音・シ」省略。 メロに「シ-(ド)」導音があり、「重複」回避のため。











inserted by FC2 system