ピアノ伴奏法A T-7
ピアノ伴奏法 @復習

【目次】

講座

AT

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 T-1 p2-11  「演奏の種類」@ 「3声・4声」。「終止」。「G7」
  第2回 T-2 p2-12  「演奏の種類」A 「片手・両手」ソロ。「両手」(メロ別)
  第3回 T-3 p2-13  楽曲「分析」手順 [1部形式・Aメロ] (Aメロの分析)
  第4回 T-4 p2-14  楽曲「構築」手順 [1部形式・Aメロ] (Aメロのアレンジの仕方)
  第5回 T-5 p2-15  「G7」
  第6回 T-6 p2-16  和声法 @
  第7回 T-7 p2-17  和声法 A
アレンジの「基盤」となる内容なので、復習・参考として、「講座@」重複しますが記載しておきます。





T-7
ピアノ伴奏法 @復習
和声法 A




コンテンツ

 1 テーマ
  1。 「和声法」 (基本) A

 2 「その他」
  1。 「Dm」 4声  2。 「Am」 4声
  3。 「Em」 4声  4。 「Bm♭5」 4声







。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「和声法」(基本) A

その他







。 「その他」     

2-1。 「Dm」 4声

 「Dm」の連結 (4声)

「Dm」は、転回して「Dm/F」と使うことが多い。

「長和音」では、「3音」重複避けるが、「短和音」ではできる
また、バス「ファ-ソ」の流れもいいので、「Dm/F」がよく使われる。

「Dm/F」-「G7」では、共通音「レ」「保留する」場合と「しない」がある。 
例は、「しない」場合。

また、「上3声」「バス」は、反行させる。










2-2。 「Am」 4声

 「Am」の連結 (4声)

「Am」は、「C」の代理と考えればよい。 「Am」は「短和音」なので、「3音」重複はよい。










2-3。 「Em」 4声

 「Em」の連結 (4声)

「Em」は、「C」の代理と考えればよい。










2-4。 「Bm♭5」 4声

 「Bm♭5」の連結 (4声)

「Bm♭5」は、「G7」「根音・省略」である。

「Bm♭5」は、「根音」「シ・導音」のため、「メロ」との重複がありうるので、
「転回」して「Bm♭5/D」などと使われることがある。

「Bm♭5」の説明は、「G7」「根音・省略」から考えるので混乱するし、
「導音・重複」の問題もあるので割愛し、よく使われる「G7」の代理。「併用」が簡単なので表記しました。

「ドミナント」である、「G7」を簡単に「分割・併用」使用できる。 
ちなみに、「シとファ」の音程は、「減5」











inserted by FC2 system