ピアノ伴奏法A U-0
「ピアノ・ソロ・アレンジ」のやり方

【目次】

講座

AU

 講座No

ファイル名

内容
第1回 U-1 p2-21  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例1 
第2回 U-2 p2-22  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例2
第3回 U-3 p2-23  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例3
第4回 U-4 p2-24  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例4
第5回 U-5 p2-25  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例5
- U-0 p2-20  「ピアノ・ソロ・アレンジ」まとめ





U-0
「ピアノ・アレンジ」の例
「ピアノ・ソロ・アレンジ」まとめ









。 「ピアノ・ソロ・アレンジ」の「まとめ」      

1-1。 「ピアノ・ソロ・アレンジ」の「まとめ」

「ピアノ・ソロ・アレンジ」「まとめ」です。

いかがでしたでしょうか。
「ピアノ・ソロ・アレンジ」について、「アレンジ」「要領・コツ」は、掴めましたでしょうか?

5曲ほど、「アレンジ(編曲)」してみましたが、「簡単」な作品は、この程度で十分できる内容かと思いますので、雛形として、参考にしてみてください。


■ ということで、ここまでの簡単復習がてら、「まとめ」をしてみたいと思います。







。 「ピアノ・アレンジ」 (内容)     

2-1。 「メロ」と「コード」づけ

■ まず、「メロディー」「コード」づけです。

これは、「作曲」です。 
これはできることを前提にしますので、「編曲(アレンジ)」講座では、省略します。 
「作曲」について、必要な方は、「作曲」講座をご覧ください。





「セブンス(4和音系)」「テンション(5和音系)」「dim」などの「ノン・ダイアトニック・コード」など、いろいろありますが、無理に使う必要はありません。

「ダイアトニック・コード(3和音系)」でも十分です。
「好み」の違いですので、無理のない程度で結構です。





2-2。 各「フレーズ」と「余白」

■ アレンジのコツでもありますが、まず、「区分」毎の特徴を理解。意識しましょう。

「フレーズ(2小節単位)」(四角枠)や、メロ「余白(メロの空くところ)」(丸枠)部分を注視します。
どんなリズムか。 どのような技法が使われているか。 意識しましょう。











2-3。 「その他・アレンジ」

「その他・アレンジ」のポイント

その他ですが、「和声(各・パート)のの流れ」。 「内声」「バス」ライン。 「副・対旋律」の挿入などを、できる範囲で書きましょう。

また、「リズムの変化」「同時和音⇔分散和音」「バランス・対比・変化」などの検討など。
キリがありませんので、一部だけですが、いろいろな「要素」がありますので、「縦(和音)・横(声部)・斜め(相互関係)」、意識しましょう。



例1



「9〜10小節め」。 Bメロです。 Aメロとの「対比」を意識します。 例では、
  また、「メロディック」風に戻ります。

「12〜14小節め」。 「左手-両手-左手」連続的交互上昇型アルペジオ
  また、「同時和音」厚くし、華やか「クライマックス」へと奏します。

「14〜16小節め」。 「クライマックス・後半」、直前で、「同時和音」だけで、ブレーキをかけ
  その後、「最終盤」終止感を作ります。

「16小節め」。 最後のキメを、短いですが、「4分音符」の下降アルペで奏します。




例2



緑丸は、同時和音。 ひし形は、白玉による間。 赤丸は、付点
青枠は、半音アプローチ。 赤ラインは、「中声・下声(バス)」の順次ライン








。 「ピアノ・ソロ・アレンジ」の「コツ」      

3-1。 「アレンジ」の「コツ」 @

「アレンジ」「コツ」についてですが、

難しく、考えない。 100点を意識しない」。
いきなり完成させようとしない」。などがコツかと思います。 


◆ 例えば、各種「理論」も、大なり小なりかじりますと、それを「絶対視」してしまい、まさに
「理論」「目的」になってしまうと、「作曲・編曲(アレンジ)」は、怖くて一歩も、書けません

ここが、「間違ってる」。 あそこが、「おかしい」・・・。など、指摘されたらどうしよう。 怖い・・・。
そう考えていませんか?

そんなこと、気にしなくていいんです。 
「理論」は、所詮「道具」。 「目的」ではありませんので、最終的には、捨てていいんです。

また、「理論」拘りたければ、それは、その人の勝手であり、自分は「一参考」程度にしか利用する気持ちしかありませんので、変に深く追求する気持ちもありません

ということで、まず、「理論」を気にせず書く。 ということです。


◆ また、関連して、「下書き(仮・アレンジ)」を書く。 ということです。

「下書き」とは、イラストでいうなら、「エンピツ書き」のことに相当するかと思います。
「ラフ(大まか)」に、「とりあえず」、書く。

「形」程度でよいので、細かな事、理論的なことは考えずとにかく、一曲、「形」にする。
「間違ってる」。「おかしいのでは」。 など、気にすると書けません。 また、修正すればいいんです。

ということで、自分として、まず、「20点でも、30点」程度でもいいので、
「下書き」程度に書いてみましょう。

そして、次に、その「下書き」を「修正」してください。 これが、コツです。
すなわち、「2段階」で書きます。 「下書き(仮・アレンジ)」→「修正(本・アレンジ)・完成」です。

これを、「いきなり(1段階)、完成」させて書こうとしていませんか?
これでは、手も足も出ません。 できません。

「イラスト」なら、いきなり、「下書き・エンピツ書き」なしで、「ペン入れ」しようとするようなものですから・・・
ということで、必ず、「下書き」的な「ラフ」で適当なものでいいので、書いてください。

そうすれば、すでに、「50%」程度、できたようなものです。
「下書き」があれば、「修正」が大変しやすいです。

逆にいうと、「下書き」がなければ、一時的ではあれ、「基準」がないので、「修正」がしにくいです。
ということで、まずは、「下書き(仮・アレンジ)」を書いてください。 そして、「本・アレンジ」しましょう。

最後に、「100点」を意識しすぎない・・・。 そもそも、「100点」なんてあるの? ですよね。。。
テストは、60点合格です。 笑





3-2。 「アレンジ」の「コツ」 A

「アレンジ(編曲)」は、できるようになりましたか?

たぶん、残念ながら、まだ、多くの方はできない・・・のではないでしょうか。
その原因は、いくつかあると思いますが、まず、

「作曲」「できない」けれど、「編曲(アレンジ)」なら「できそう」。 だと思っていませんか?
それは、錯覚です。

「編曲(アレンジ)」は、「作曲」の延長であり、「作曲」の感覚ができていないとできません。
いわば、「メロ」を書く。 作曲するとは、「ソプラノ」を書くこと。 作曲することですが、

「編曲(アレンジ)」は、残りパートである、内声の「アルト。テノール」。下声「バス」を書くことです。
すなわち、パートが違うだけで、残りパート「作曲」なわけです。

ということで、「作曲」できない。 無理だけれど、編曲(アレンジ)」なら・・・と、いざ、始めたけれど
実際やってみると、できない方は、まず、「作曲」(講座)をマスター(理解)してください。



■ それと関連して、「編曲(アレンジ)」コツの追加ですが、
「分解」しながら、「部分的」に、「分離・分割」しながら試行錯誤してください。

どうしても、気持ちがはやり、「一気」にやろうとしていませんか?
それは、大変、困難です。 アレンジは、いろいろな「複合」要素でできています。

「一気」に、「同時」に処理する。 作ることは困難です。 なので、例えば

  「バス」だけを、意識集中し、確認・作業する。
  「内声」だけを、意識集中し、確認・作業する。
  「同時和音」だけを、意識集中し、確認・作業する。
  「分散和音(アルペジオ)」だけを、意識集中し、確認・作業する。
  「右手(高音部)」だけを、意識集中し、確認・作業する。
  「左手(低音部)」だけを、意識集中し、確認・作業する。

といった具合に、「部分的」意識集中すれば、大変、聴き取りやすいです。
当たり前といえば、当たり前なのですが、このように、いちいち、「分離・分割」しながらやることは、手間暇が大変かかるので、つい、めんどくさがって、「一気」に、「同時」にやろうとすると、逆に無理です。

ということで、面倒がらず手間暇をかけて、「分離・分割」してやってください。
交通量の多い横断歩道を、渡ろうとするのは、一見、近道ですが、実際には、なかなか渡れません
結局、一見、遠回りのような「陸橋」をわたったほうが、早いわけです。







。 「AU」の曲例集      


■ 曲例を、まとめて載せてあります。



「U-1」











「U-2」











「U-3」











「U-4」











「U-5」












inserted by FC2 system