ピアノ伴奏法A U-5
「ピアノ・ソロ・アレンジ」のやり方

【目次】

講座

AU

 講座No

ファイル名

内容
第1回 U-1 p2-21  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例1 
第2回 U-2 p2-22  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例2
第3回 U-3 p2-23  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例3
第4回 U-4 p2-24  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例4
第5回 U-5 p2-25  「ピアノ・ソロ・アレンジ」例5
- U-0 p2-20  「ピアノ・ソロ・アレンジ」まとめ





U-5
「ピアノ・アレンジ」の例
「ピアノ・アレンジ」の例5









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1。 「ピアノ・アレンジ」の例

「ピアノ・アレンジ)」の例です。
「ピアノ・アレンジ」「内容。過程の手順」の例を行います。







。 「ピアノ・アレンジ」 (アウトライン)     

2-1。 「メロ」と「コード」づけ

まず、「メロディー」を書き、「コード」を付けます。

■ 例は、「メロディー」を書き、「コード」を付けました。

「メロの書き方」「コードの付け方」については、省略します。
例は、「1部・形式」。 すなわち、「A」メロの形式です。 (Aの繰り返し)


【備考】

「作曲ソフト」および「楽譜編集作業」の都合上、「ピアノ・ソロ」「大譜表」の表記ではありませんが、
「ピアノ・ソロ」「大譜表」のつもりで、ご覧ください。
「上段」は、「右手」。 「下段」は、「左手」。です。 


「コード進行」について、「C調」です。









2-2。 「アレンジ・完成」版

「アレンジ・完成」版です。 







【備考】

ちなみに、楽譜の書き方ですが、把握しやすいよう、「4声体」風に書いてあります。







。 「ピアノ・アレンジ」 (詳細解説)     

3-1。 「コードづけ」

■ 例は、「1部・形式」。 すなわち、「Aメロ」の形式です。 (Aの繰り返し)

・詳細は、長文になってしまいますので、「ポイント」解説でいたします。

◆ コードつけに関しては、特に、変わったところはありません。
「dim」のパッシングコードの使い方のコツの一つですが、例えば、

「4〜5小節め」のところですと、G-G#dim-Am」ですが、「バス」「G-A」間は、「2度」です。
このように、「2度」のところがあれば、間に、dimを挟めばよいです。

注意点は、「バス」のところです。 「ルート」でなくてもいいわけです。 例えば、
「6〜7小節め」のところですと、Dm/F-F#dim-G7」ですが、赤色「バス」です。
D「ルート」なので混同しないようにしましょう。

また、「dim」の使い方は、その他の場合もありますので注意しましょう。
「dim」は、特殊なコードで、コードの「連結」「自由度が高い」ので、
他のコードのように、規則的なコード連結をしない場合があります。

要するに、いきなり「dim」連結される場合がありますが、「借用和音(セカドミ)」と同じ感覚で
捉えればよいでしょう。









3-2。 各「フレーズ」と「余白」

各「フレーズ」と「余白」のポイント

「フレーズ」や、メロの「余白」部分は、特徴があります。
もちろん、ケースバイケースで多様ではありますが、ある程度のパターン特徴を掴んでおくことがポイントです。



■ 各「フレーズ」と「余白」のポイント

◆ 今回は、「3拍子」の例をやってみました。
いままでの「4拍子」と違うところは、どのタイミングで和音をつけるかや、音の長さ・リズムの作り方です。

それさえ、理解できれば、いままでの「4拍子」でやったことと同じです。

「前半」(1〜8小節)の伴奏は、「ブン・チャッ・チャッ」型。
  「後半」(9〜16小節)の伴奏は、「分散和音」「同時和音」の混合。









3-3。 「その他・アレンジ」

「その他・アレンジ」のポイント

◆ もう、理解できるかと思いますので、詳細の説明は、省略します。
  チェックしたところなどを参考にしてください。





「その他」

「和声(各・パート)のの流れ」。 「内声」「バス」ライン。 「副・対旋律」の挿入などを、できる範囲で書きましょう。

また、「リズムの変化」「同時和音⇔分散和音」「バランス・対比・変化」などの検討など。






inserted by FC2 system