ピアノ伴奏法② Ⅲ-5
「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」のやり方

【目次】

講座

②Ⅲ

 講座No

ファイル名

内容
第1回 Ⅲ-1 p2-31  「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例1
第2回 Ⅲ-2 p2-32  「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例2
第3回 Ⅲ-3 p2-33  「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例3
第4回 Ⅲ-4 p2-34  「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例4
第5回 Ⅲ-5 p2-35  「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例5
- Ⅲ-0 p2-30  「ピアノ・ソロ・アレンジ」まとめ





Ⅲ-5
「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例
「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」例5









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1-1。 「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」の例

「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」の例です。
「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」「内容。過程の手順」の例を行います。

【備考】

■ 「作曲ソフト」および「楽譜編集作業」の都合上、「ピアノ」「大譜表」の表記ではありませんが、
「ピアノ」は、「大譜表」のつもりで、ご覧ください。
「ピアノ・右手」。 「ピアノ・左手」の指示通りです。 

■ 楽譜が長くなりますので、分量を抑えるため、「完成版」だけとし、また、
個々の説明を別々せず、「まとめ」て、解説いたします。





1-2。 「メロ」と「コード」づけ [作曲]

【備考】

「メロディー」
を書く。「コード」を付ける。件は、
「作曲」となりますので、この講座では、「省略」いたします。

必要な方は、下記、「作曲」関係を参照ください。
  ・「講座」      ◆ 「超・作曲入門」  ◆ 「作曲・入門」  ◆ 「作曲・初級」
  ・「歌作りナビ」  ◆ 「超・作曲入門」  ◆ 「作曲・入門」







。 「ピアノ・歌(唱歌)・伴奏(別メロ)・アレンジ」  

2-1。 「A」メロ部の「伴奏アレンジ」

「歌(別メロ)」「ピアノ伴奏」です。

「2部・形式」。 「A+B」の形式です。



「Aメロ」部です。   「伴奏全般」について。
  「メロの有無」。「フレーズ(対比)・余白」。「和音(同時・分散)」。「声部(ライン)」。「副対旋律」。「リズム」

似たような「伴奏法」の曲例です。 歌(唱歌)で、利用度が高く、使いやすい「伴奏」の仕方の例ですので、覚えるために数例、書いてみました。

「伴奏法」は、慣れるために、類似しますので、せっかくなので、また、「転調」の要素を交えておきました。
「伴奏法(伴奏の仕方)」だけ理解・学習ください。

ちなみに、今回の「転調」のレベルは、中上級程度かなり難易度の高いものですので、「転調」に関しては、理解できなくても結構です。


Aメロ



「C調」→「Dm調」→「G調」→「Cm調」→ 「Em調」→「Am調」→「F調」→「C調(復帰)」



「コード」について

「転調」の解説は、難しいですので、割愛させていただき、「調性」のみ記します。
ラインで色分けした通りです。

  「C調」→「Dm調」→「G調」→「Cm調」→ 「Em調」→「Am調」→「F調」→「C調(復帰)」

「歌」ものでは、ここまで転調することはありませんが、クラシックを書くときなど、「転調」に熟練し、各自で自由に転調できるよう、いろいろ特訓してみましょう。


「転調」「コツ」がありますので、その「感覚(音感)」が掴めれば、自由に転調できるようになります。
「自転車」も、「感覚(体感)」で「コツ」が掴めたように、「感覚(コツ)」がありますので、何度も特訓しているうちに、感覚がわかってくるかと思います。

「コツ」とは、「感覚」ですので、説明することがむずかしいので、とにかく、練習あるのみです。





2-2。 「B」メロ部の「伴奏アレンジ」

「Bメロ」部です。   「伴奏全般」について。
  「メロの有無」。「フレーズ(対比)・余白」。「和音(同時・分散)」。「声部(ライン)」。「副対旋律」。「リズム」
 
「Aメロ」部とは、「対比」するように、工夫します。
その他は、いままでの曲例を参考にしてください。


Bメロ



「C調」→「Dm調」→「G調」→「Cm調」→ 「Em調」→「Am調」→「F調」→「C調(復帰)」


「その他」

「和声(各・パート)のの流れ」。 「内声」「バス」ライン。 「副・対旋律」の挿入などを、できる範囲で書きましょう。

また、「リズムの変化」「同時和音⇔分散和音」「バランス・対比・変化」などの検討など。






inserted by FC2 system