ポピュラーピアノ・作曲 U-1
講座のポイント

【目次】

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 pp1-21  「超・作曲入門」
  第2回 U-2 pp1-22  「作曲・入門」
  第3回 U-3 pp1-23  「作曲・初級」
  第4回 U-4 pp1-24  「その他・講座」
  第5回 U-5 pp1-25  「チュートリアル」
  第6回 U-6 pp1-26  「ピアノ・伴奏法」





U-1
講座のポイント
「超・作曲入門」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1-1。 「超・作曲入門」の学習ポイント

「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する「学習のポイント」についてです。




「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する講座は、すでにありますので、これらを参考に解説を補足しながら進めたいと思います。


  @。「作曲」
  A。「音楽理論」

     ◆ 「超・作曲入門」  ◆ 「作曲・入門」  ◆ 「作曲・初級」  ( ◇ 「その他・講座」)
     ◆ 「チュートリアル」

  B。「伴奏法」

     ◆ 「ピアノ・伴奏法」@A








。 「超・作曲入門」の学習ポイント     

■ 以下、「超・作曲入門」における「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する。必要な個所。ポイントを記します。





「ポイント 1」


まず、「作曲」「音楽理論」関係です。


■ 「作曲」について、最も簡単な講座として書いてありますが、余興的・前座的な講座ですので、
本気モードで、すぐ「作曲」を学びたい方は飛ばし、次の「作曲・入門」から学んでも結構です。


「前半」。「1〜9」までは、「コード先・作曲」です。 また、
「後半」。「10〜19」までは、「メロ先・作曲」です。 


「作曲」ができない方は、まず、「作曲」できるようになってください。
「コード先・作曲」でも、「メロ先・作曲」でも、作曲の順番が前後するだけですので、「作曲」の概念。感覚を掴むため、両方やってみてください。

ちなみに、人により、得意なほうがあります。 私は、普段、「メロ先・作曲」です。
ただし、難しい理論を活用する場合は、「コード先・作曲」も使います。





「ポイント 2」


■ ここでは、「4小節」の長さを使って説明していますが、これは、できるだけ余計な部分はカットして、最小の例で説明するためなのですが、本来は、もう少し長く、「8小節」で学習したほうが、「自然」な感覚があります。

ということで、「4小節」だと、逆に「短かすぎ」、違和感を感じる場合もあります。 ですので、
次の「作曲・入門」の講座のほうが、むしろ、「音感」的には理解し、掴みやすいかもしれませんので、
簡単に読み流し、次の「作曲・入門」の講座に進んでいただいても結構です。





「ポイント 3」


「音感(感覚)」で理解するようにしましょう。

講座の説明。 すなわち、「文書」は、「理論」ということですが、これは、「レシピ(作り方の説明)」のようなものです。

しかし、初めて作る料理で、「味(あじ)見(感覚)」をせず作るでしょうか?  
「作曲」できる。できない。 の違いは、ここにあるように思います。

「文書」。「理論書」だけ読んで、「音」として「確認」していないのではないでしょうか。
ということで、必ず、「音(音感)」で確認し、理解してください。

  「料理」の場合、「レシピ(作り方の説明)」で理解し→「味(あじ)見(味覚)」で確認する。
  「作曲」「文書」。「理論書」で理解し→「音感(感覚)」で確認する。

これは、大きなポイントです。







■ ■ ■ 下記は、参照先目次です。■ ■ ■









inserted by FC2 system