ポピュラーピアノ・作曲 U-4
講座のポイント

【目次】

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 pp1-21  「超・作曲入門」
  第2回 U-2 pp1-22  「作曲・入門」
  第3回 U-3 pp1-23  「作曲・初級」
  第4回 U-4 pp1-24  「その他・講座」
  第5回 U-5 pp1-25  「チュートリアル」
  第6回 U-6 pp1-26  「ピアノ・伴奏法」





U-4
講座のポイント
「その他・講座」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1-1。 「その他・講座」の学習ポイント

「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する「学習のポイント」についてです。




「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する講座は、すでにありますので、これらを参考に解説を補足しながら進めたいと思います。


  @。「作曲」
  A。「音楽理論」

     ◆ 「超・作曲入門」  ◆ 「作曲・入門」  ◆ 「作曲・初級」  ( ◇ 「その他・講座」)
     ◆ 「チュートリアル」

  B。「伴奏法」

     ◆ 「ピアノ・伴奏法」@A








。 「その他・講座」の学習ポイント     

■ 以下、「その他・講座」における「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する。必要な個所。ポイントを記します。





「ポイント 1」


その他の関係です。
ここは、もう「根性」あるのみです。 (笑)

もちろん、いきなり全部、理解する必要はないので、必要に応じ学んでください。

結局、「作曲・編曲」していると、今の段階に物足りなさを感じるものです。
そう感じたら、いやでも、「やらざるを得なく」なります

それで結構ですので、そのときになりましたら学習ください。





「ポイント 2」


【合奏・編曲】 < コード編 >

いわゆる「コード理論」です。
「リ・ハモ(応用和音)」の段階に進みますと、複雑な「コード理論」が必要になりますので、順次、理解してください。


【合奏・編曲】 < アレンジ編 >

「ピアノ・ソロ(独奏)」とは、「合奏」集約したものですので、大変ですが理解するようにしましょう。





「ポイント 3」


【転調】

「転調」は、すぐには必要ではありませんが、当然、曲に味をつけようと工夫する手段として、大変有用な技法です。

しかしながら、理論「挫折」するのも、ここです。
特に、「部分・転調」は、大変難しいです。

コツとしましては、「理論」で確実に理解する。 そして、「音感」で確認することです。
「理屈(理論)」で理解できないものを、「音感」で理解しようとするのは、さらに無理というものです。

正確に、理論により「調性」を判断し、そして、意識する。
そうしませんと、なんのための「理論」かわかりません。





「備考・その他」


【和声法】【対位法】の、基本的な関係は、必要となります。

もちろん、本格的なところまでは必要ありませんが、「4声体」(ソプラノ・アルト・テノール・バス)の概念。
「対位法」の基本的な書き方である、「オブリガード」「ベースランニング」は、マスターしましょう。







■ ■ ■ 下記は、参照先目次です。■ ■ ■




その他・講座 (目次)
  

               【合奏・編曲】  [初級(応用)〜中級] 程度

                < コード編 >

T1   基礎知識 

        @。基礎知識
        A。主要(3)和音 [長調(C調)]
        B。副(3)和音 (代理)
        C。非和声音 (ノンコード・トーン)
        D。短調 (Am調)

T2   コード応用 @

        @。セカンダリー・ドミナント(副属7)
        A。経過和音 1  オーグメント(増5.aug.+)
        B。経過和音 2  SDm(サブ・ドミナント・マイナー)
        C。経過和音 3  パッシングDim
        D。その他

T3   コード応用 A

        @。「トニック(I) = C(ドミソ)」の代理コード
        A。「サブドミナント(IV) = F(ファラド)」の代理コード
        B。「サブドミナント・マイナー(IVm) = Fm(ファラbドミ)」の代理コード
        C。「ドミナント(V7) = G7(ソシレファ)」の代理コード
        D。短調 (Am調)

T5   コード・アレンジ 

        @。「ハーモナイズ(基本和音)」と「リ・ハモ(応用和音)」
        A。リ・ハモ(手法・一覧)
        B。リ・ハモ(基本) 1
        C。リ・ハモ(基本) 2
        D。リ・ハモ(基本) 3
        E。リ・ハモ(基本) 4
        F。リ・ハモ(基本) 5


                < アレンジ編 (基礎) >

T6   編曲・準備(基礎)

        @。形式・構成
        A。前奏・間奏・後奏
        B。楽器編成
        C。「メロ先」作曲と「コード付け」1   [主要3和音編]
        D。コード付け 2              [ダイアトニック・コード編]

T7   合奏・伴奏(基礎)1 (コード・リズム)

        @。合奏基礎
        A。コード・バッキング
        B。ベース
        C。ドラムス(パーカッション)
        D。和声連結・ヴォイシング

T8   合奏・伴奏(基礎)2 (副・対旋律。多声)

        @。ハーモニー(ハモリ)2声 (副旋律)
        A。対旋律
        B。多声(2・3・4声)


                < アレンジ編 (応用) >

T11  合奏3 (アレンジ補完) 「900-S600」

        @。「合奏」(2重奏・2声)
        A。「合奏」(3重奏・3声)
        B。「合奏」(4重奏・4声)
        C。合奏「書き換え」手順
        D。技法解説

T12  合奏・伴奏(応用)3 (課題・実施) 「900-S900」

        @。課題1
        A。課題2

T13  合奏2 (全体のアレンジ) 「900-S500」

        @。予備知識
        A。合奏 (全体のアレンジ)



               【転調】  [初級(応用)〜中級] 程度

T70  「転調」

        A。調性・転調
        B。転調1 (本格転調) [C調からの転調]
        C。転調2 (一時転調)
        D。転調3 (ピボット転調)
        E。復調 (復帰)

T72(A) 「C調」-「近親調」間の転調。 「全終止(V7-I)」による転調

T73(B) 「C調」-「Am調」間。 「ピボット転調」。(A・Bメロ)

T74(C) 「C調」-「近親調」間。  「ピボット転調」。

T75(D) 転調における、「研究と考察」

T76(E) 転調・総ざらい

T77(F) 「課題の実施・例」の追加と「アナリーゼ」



               【和声法】  [中級] 程度

T51  「基礎」    ■ T52  「C・G」    ■ T53  「Bmb5・(D(V)諸和音)」

T54  「F」    ■ T55  「Dm」    ■ T56  「Am」   ■ T57  「Em」

T58  「その他(基礎)」    ■ T59  「バス」課題

T60  「ソプラノ」課題    ■ T61  「転調・借用・その他」



               【対位法】  [初級(応用)〜上級(入門)] 程度

T20  「2声・対位法(C調)」

        @。「2声・対位法(C調)」概要
        A。「2声・対位法」実践
        B。「2声・対位法」まとめ

T22  「3声・対位法(C調)」

        @。「3声・対位法」概要
        A。「3声・対位法(C調)」実践

T30  「フーガ」とは

        @。「フーガ」とは








inserted by FC2 system