ポピュラーピアノ・作曲 V-1
ポピュラーピアノのポイント

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 pp1-31  「コード」関係
  第2回 V-2 pp1-32  「コード・アレンジ」関係
  第3回 V-3 pp1-33  「伴奏法・ヴォイシング」関係
  第4回 V-4 pp1-34  「コード・アレンジ」(転調)
  第5回 V-5 pp1-35  「短調」(音階選択)
  第6回 V-6 pp1-36  「4声・スプレッド」
  第7回 V-7 pp1-37  「Am調-C調 部分転調」





V-1
ポピュラーピアノのポイント
「コード」関係









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1-1。 「コード」関係のポイント

「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する「コード」関係のポイントです。







。 「コード」関係のポイント     

■ 「コード」関係のポイントです。





「ポイント」

【別紙・pp1】(レイアウトが整えにくいので、見やすい、左記をご覧ください)


■ 長調 (C調)

ダイアトニック・コード (ポピュラーでは、4和音が基本) 主要和音=C.F.G7 副和音はそれ以外

 C調 3和音 C. Dm. Em. F. G. Am. Bm♭5
 C調 4和音 C△7. Dm7 Em7. F△7. G7. Am7. Bm7♭5


 機能 主要(3)和音 T(トニック) I度(主和音) =C
 S(サブドミナント) IV度(下属和音) =F
 D(ドミナント) V(7)度(属和音) =G7 (ポピュラーでは、全てV7が基本)

カデンツ(終止形) 機能進行 コード進行
 T-D-T C:C-G7-C
 T-S-T C:C-F-C
 T-S-D-T C:C-F-G7-C

 【備考】 コード進行一覧(C調) (例外があってもよい)
  I(C)→全てのコードに進める
  2度。4度。6(-3)度。進む
  IV(F)→I(C)
  VI(Am)→V(G) (弱進行)だが、カデンツT-Dにより可

ドミナント・モーション  D-T C:G7-C

「II-V」分割代理 G7の分割・代理  G7-C → Dm7・G7-C


■ 短調 (Am調)

 短音階 自然的・短音階 (ナチュラル・マイナー・スケール)  ラシドレミファソラ
 和声的・短音階 (ハーモニック・マイナー・スケール)  ラシドレミファ・ソ#・ラ
 旋律的・短音階 (メロディック・マイナー・スケール)  ラシドレミ・ファ#・ソ#・ラ

ダイアトニック・コード

 Am調 3和音  Am. Bm♭5. C. Dm. E. F. G 主要和音=Am.Dm.E7 副和音はそれ以外
 Am調 4和音  Am7. Bm7♭5. C△7. Dm7. E7. F△7. G7 V度はEmではなくE(7)とする


■ 代理 (ダイアトニック)(副(3)和音)

 T(C)の代理 Em。Am
 S(F)の代理 Dm
 D(G)の代理 Bm(7)♭5


■ 代理 (ノン・ダイアトニック)

「トニック=C」の代理  F#m7♭5

 C  →  Am6  →  F#m7♭5
 ドミソ ラドミファ# (転回) ファ#・ラドミ

「サブドミナント=F」の代理  Fm

「サブドミナント・マイナー(=Fm)」の代理

 Fm   →   Fm6[Wm6]   →   Dm7(♭5) [Um7(♭5)]   →   D♭△7 [♭U△7]
 ファ・ラ♭・ド  ファ・ラ♭・ドレ  (転回)     レファ・ラ♭・ド         レ♭・ファ・ラ♭・ド

 Fm   →   Fm7[Wm7]   →   A♭6 [♭Y6]
 ファ・ラ♭・ド  ファ・ラ♭・ド・ミ♭ (転回)  ラ♭・ド・ミ♭・ファ

 Fm9    →        A♭△7 [♭Y△7]
 ファ・ラ♭・ド・ミ♭[ソ=9]   ラ♭・ド・ミ♭[ソ]

 Dm7(♭5)    →    B♭(9)    →    B♭7 [♭Z7]
 レファ・ラ♭・ド    シ♭・レファ・ラ♭・ド    シ♭・レファ・ラ♭
                           シ♭付加

「ドミナント=G7」の代理
  D♭7(裏コード)
  半音階表=[ド○レ○ミファ○ソ○ラ○シド●レ○ミファ○ソ○ラ○シ]

 Dm7・G7-C  →  Dm7・D♭7-C (トライトーン・3全音・6半音)の対称関係にある
             レ・レ♭・ド      G⇔D♭

セカンダリー・ドミナントの代理コード  (セカ・ドミの裏コード) (トライトーン・3全音・6半音)の対称関係にある

 「ドミナントの裏」と同じやり方  半音階表=[ド○レ○ミファ○ソ○ラ○シド○レ○ミファ○ソ○ラ○シ]


■ 終止

 全終止  V7-I G7-C
 偽終止  V7-VI G7-Am
       V7-III G7-Em


■ セカンダリー・ドミナント(副属7) m7とm7♭5の違いに注意

 (X-T) (U-X-T)
 (G7-C) (Dm-G7-C)
 A7-Dm Em7♭5・A7-Dm 短調感
 B7-Em F#m7♭5・B7-Em 短調感
 C7-F Gm7・C7-F 長調感
 D7-G(7) Am7・D7-G(7) 長調感
 E7-Am Bm7♭5・E7-Am 短調感
 (Bm7♭5) -

セカドミ→dimの代理  半音階表=[ド○レ○ミファ○ソ○ラ○シド○レ○ミファ○ソ○ラ○シ]

           セカドミ     根省   dim      セカドミ→dimの代理
                      [半音上]アプローチ   (ルートの関係)

 ソシレファ(ラ♭)  シレファラ♭
 G7-C   →  G7(♭9)-C   →  Bdim7-C    Gから4半音上のBに変更
 A7-Dm  →  A7(♭9)-Dm  →  C#dim7-Dm  Aから4半音上のC#に変更
 B7-Em  →  B7(♭9)-Em  →  D#dim7-Em   Bから4半音上のD#に変更
 C7-F   →  C7(♭9)-F   →  Edim7-F     Cから4半音上のEに変更
 D7-G(7) →  D7(♭9)-G(7) →  F#dim7-G(7)   Dから4半音上のF#に変更
 E7-Am  →  E7(♭9)-Am  →  G#dim7-Am   Eから4半音上のG#に変更
 (Bm7♭5)


■ パッシング・コード(経過和音)

オーグメント(aug.+)   例        例
 C+ C-F  →  C-Caug-F   C-Caug-Am
 ソ-ソ#-ラ   ソ-ソ#-ラ (参考ライン)

 G+ G7-C  →  G(7)-G(7)+5-C
 レ-レ#-ミ


パッシング・ディミニッシュ   ○dim-□。 [半音上/下]へアプローチ(ルート。バス。内音)

               例           例                  例
 C#dim(#Tdim)    C-Dm     → C・C#dim-Dm [半音下]
 E♭dim(♭Vdim)   Em-Dm-G7 → Em・E♭dim-Dm-G7 [半音下]
 F#dim(#Tdim)     F-G7    → F・F#dim-G7 [半音上]   F・F#dim-C F・F#dim-C/G
                        ファ-ファ#-ソ ファ-ファ#-ソ
 G#dim         C-Am    → C・G#dim-Am [半音上]
  【備考。斜体部分は、dimとの連結は、なんでもよい】

  【参考】 Dimコードは、転回すれば3種類しかない。

  Bdim[シ・レ・ファ・ラ♭]=Ddim=Fdim=A♭dim
  Cdim[ド・ミ♭・ファ#・ラ]=E♭dim=F#dim=Adim
  C#dim[ド#・ミ・ソ・シ♭]=Edim=Gdim=B♭dim

 dim=dim7の略称 (   )=あまり使われない
 C調・上行 C△7-C#dim[A7(♭9)]-Dm7-D#dim[B7(♭9)]-Em7-
  F△7-F#dim[D7(♭9)]-G7-G#dim[E7(♭9)]-Am7-(A#dim)-Bm7♭5

 Am調・上行 Am7-(A#dim)-Bm7♭5-C△7-C#dim[A7(♭9)]-Dm7-D#dim[B7(♭9)]-Em7-
  F△7-F#dim[D7(♭9)]-G7-G#dim[E7(♭9)]

刺繍和音        例
 Cdim(トニックdim)  C C・Cdim・C  飾り。ゆれ

サブドミナント・マイナー(Fm)    例       例
         F-C       F・Fm-C   F・Fm-C/G
                  ラ-ラ♭-ソ

■ 対旋律

カウンター    ・「音階的」な声部 (主旋律以外) 途中・飛躍OK。 ロングトーン(白玉系)
オブリガート   ・「旋律的(メロディック)」な声部 (主旋律以外)






inserted by FC2 system