ポピュラーピアノ・作曲 V-2
ポピュラーピアノのポイント

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 pp1-31  「コード」関係
  第2回 V-2 pp1-32  「コード・アレンジ」関係
  第3回 V-3 pp1-33  「伴奏法・ヴォイシング」関係
  第4回 V-4 pp1-34  「コード・アレンジ」(転調)
  第5回 V-5 pp1-35  「短調」(音階選択)
  第6回 V-6 pp1-36  「4声・スプレッド」
  第7回 V-7 pp1-37  「Am調-C調 部分転調」





V-2
ポピュラーピアノのポイント
「コード・アレンジ」関係









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1-1。 「コード・アレンジ」関係のポイント

「ポピュラーピアノ・作曲」に関係する「コード・アレンジ」関係のポイントです。







。 「コード・アレンジ」関係のポイント     

■ 「コード・アレンジ」関係のポイントです。





「ハーモナイズ」(基本)

■ コードアレンジについてです。

まず、「基本」になるコード付けの「ハーモナイズ」をします。
例として、このように書いたとします。











「リハーモナイズ」(応用)

「基本」になるコード付けの「ハーモナイズ」に対し、「リハーモナイズ」します。

「リハーモナイズ」は、ケースバイケースですが、「一度」にする場合もあれば、「段階的」に行う場合があります。 例は、「最終段階」の例です。

■ 余談。

今回の例では、「メロ」がありませんが、本来は、「メロ」との兼ね合いが重要です。
また、場合によっては、「メロ」の補正をする場合もあります。

例えば、「セカドミ」をすると、「特徴音」が発生する可能性があります。
さらに、今回はやりませんが、「部分転調」すると「メロ」に影響するケースが多いです。







■ 以上の工程を、頭の中だけですると、混乱しますので、「表」にするとよいでしょう。
ということで、「表」を作成しましたので、こんな感じに書いて「リハモ」するとよいかと思います。

【別紙・pp2】(白紙用紙・pp3)

今回は、あまり難しく「リハモ」するとわからなくなるかと思いますので、ほどほどにしておきました。
「リハモ」する程度は、「各自」の自由です。

前回の「V-1」でまとめたポイント 【別紙・pp1】を参考に、
「リハモ」します。

もっと、「複雑」にしたければしてもしてもよいのですが、「複雑」にすることが「よい」わけではありませんので、あくまでも「メロ。曲」に合うよう「適度」にすることです。

「表」では、まず、


  ・「ハーモナイズ」で、「主要3和音」でおおまかにつけます。 次に、
  ・「リハモ1」で、「1回めのリハモ」をします。 必要に応じ、
  ・「リハモ2」で、「2回めのリハモ」をします。 必要に応じ、
  ・「リハモ3」で、「3回めのリハモ」をします。


「リハモ」回数は、任意です。


「テンション」については、必要に応じ、追加しても結構です。 (詳細は割愛)

  「テンション」に関しては、「テンションの種類とコード」の関係や、「テンションと解決音」との関係。
  「省略音」や「ヴォイシング」の関係など、細々、いろいんなことがありますので、詳細は割愛いたします。



「転調」について必要な方は、作曲講座関係をご覧ください。





「一部・解説」

■ 「一部・解説」です。

「1〜4小節め」を取り上げで説明しますと、「ハーモナイズ」では、


  C-G7-C-G7  です。 これを、一回めの「リハモ1」では、
  CM7-Dm7・G7-CM7-G7  と、「セブンス」にしたり、「U-X」にしています。 

  二回めの「リハモ2」では、
  CM7・C#dim-Dm7・D♭7-CM7・A7-Dm7・G7  と、「経過和音」。「裏コード」。「セカドミ」など。

  三回めの「リハモ3」では、
  CM7・C#dim-Dm7・D♭7-CM7・E♭7-Dm7・G7  と、「セカドミのA7」を「裏」にしました。


このように、他の小節もリハモします。
「リハモ」は、個人の「好み。力量」で異なりますので、人とは違ったリハモになってもOKです。






inserted by FC2 system