ポピュラーピアノ・作曲 V-7
ポピュラーピアノのポイント

【目次】

講座

V

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 V-1 pp1-31  「コード」関係
  第2回 V-2 pp1-32  「コード・アレンジ」関係
  第3回 V-3 pp1-33  「伴奏法・ヴォイシング」関係
  第4回 V-4 pp1-34  「コード・アレンジ」(転調)
  第5回 V-5 pp1-35  「短調」(音階選択)
  第6回 V-6 pp1-36  「4声・スプレッド」
  第7回 V-7 pp1-37  「Am調-C調 部分転調」





V-7
ポピュラーピアノのポイント
「Am調-C調 部分転調」









。 テーマ      (指示なきは「C調」)

  

1-1。 「Am調-C調 部分転調」

「Am調-C調 部分転調」です。







。 「Am調-C調 部分転調」のポイント     

■ 「Am調-C調 部分転調」です。





「Am調-C調 部分転調」の考察

「Am調(短調)-C調(長調) 平行調・部分転調」考察です。

「ポピュラー」でよくやられる「部分転調」に、「平行調」があります。
ということで、「Am調→C調」の「部分転調」について考察してみます。

これは、「短調→長調」ですので、転調感もわかりやすいです。
特に、「U-X-T単位」で、「部分転調」するケースも多いです。

なので、この点に絞り考察してみたいと思います。



■ では、「Am調(短調)」だけで書いた曲を、編曲・修正して、「C調」の部分転調にするにはどうしたらいいでしょうか。

まず、「下段」が、「Am調(短調)」だけで書いた曲の一部とします。
そうしますと、コードは「Am:  Dm-Bm7♭5-Am」という部分があります。

これは、 「Am: W-Z-T」。 広義の「機能」で考えると、「S-D-T」。 すなわち、
「U-X-T単位」に代理します。

そして、この「Am調」の部分を、「C調」に変更すると、
上段
の「C: U-X-T」である、「C: Dm-G7-C」となります。

ということで、「コード」「Am調→C調」「部分転調」に変更しました。







■ 次に、「メロ」を修正します。

「C調(長調)」「Am調(短調)」では、「メロディー」「3度」の関係にあります。
 (ちなみに、「3半音」ではないので注意)


要するに、下段「Am調」「メロ (★の音符)」を、「上」に「3度」移動すると、
上段「C調」の「メロ (■の音符)」になります。


これは、「C調」の視点でみると、

   「■」の旋律は、「主・旋律」(長・音階)であり、
   「★」の旋律は、「副・旋律」(短・音階)です。

すなわち、「3度のハモリ」の関係です。


ちなみに、「メロ」を上段(■)のように書きかえると、「C調」の感じになりますが、場合によっては、「C調感」が「強すぎる」ように聞える場合もあります。 そんなときは、「Am調」の旋律(★)をハモリとして残してやれば、「まろやか」になります。

また、場合によっては、「コードだけ」変更して、「メロ」は変更せず「Am調」のメロのままにしてもOKです。
ただ、そうしますと、「転調感」は薄くなります。

ということで、このような部分を見つけ「部分転調」するとやりやすいかと思いますので参考にしてください。





「Am調-C調 部分転調」するポイント

「Am調-C調 部分転調」するポイント

上記の「コード」についての参考・まとめです。
「Am調」で書いた曲において、「C調」の部分転調に修正したい場合のポイント箇所として、


例えば、
「Am: Dm-Bm7♭5-Am」や、「Am: Bm7♭5-G7-Am」や、「Am: Bm7♭5-E7-Am」などにした場合
「C: Dm-G7-C」(U-X-T)にするとうまくいくケースが多いです。

ちなみに、「コード進行」は多様ですので、もっと長くなる場合もあります。
以上をまとめて書いたのが下記ですので参考にしてください。












inserted by FC2 system