U

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

U

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 U-1 ps-1-21  基礎知識





内容
基礎知識







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 基礎知識

■ 「ポピュラー・ピアノ」関連の基礎知識です。

ちなみに、他の講座「重複」する内容は、省略していますので必要な方は、他の講座をご覧ください。







2。「ダイアトニック・コード」

2-1。 ダイアトニック・コード (4和音)

ポピュラーでは、4和音(セブンス)を基本に使います。
ダイアトニック・コードです。 4和音(セブンス)です。  

C調ダイアトニック・コード
Am調ダイアトニック・コード
Cm調ダイアトニック・コード
Zのコード (Am調。Cm調)


C調・ダイアトニック・コード




 
Am調・ダイアトニック・コード


Cm調・ダイアトニック・コード


Xのコードは、スケールの#7により、コードが変化します。
 



Zのコード (Am調。Cm調)


Zのコードは、スケールの#6#7により、コードが変化します。







3。「ボイシング (配置)」と「連結」

3-1。 「コード」の「連結」の基本

■ コードの連結基本です。

「コード」を繋げる場合、ポピュラーではあまり気にしないことが多いわけですが、基本的な繋ぎ方がありますので、知っておきましょう。


■ 例えば、1小節め
「Dm7-G7」でいいますと、まず、コードの構成音は、4つあります。
これらを、仮に、上から、
「パート1(第1声)」。「パート2(第2声)」。「パート3(第3声)」。「パート4(第4声)」とします。

そうしますと、同じ音は、「ファ」と「レ」です。
同じ音の場合は、「同じ・パート(声部)」で繋げます。 細かくいいますと、

「ファ」は、どちらのコードにおいても、「パート3」にあります。
「レ」は、どちらのコードにおいても、「パート4」にあります。

このように、「同じ・パート(声部)」で繋げます。







■ それに対し、3小節めは、「パート」「変わってしまう」例です。

「ファ」は、Dm7では「パート3」なのに、G7では「パート2」にあります。
「レ」は、Dm7では「パート4」なのに、G7では「パート3」にあります。

このように、ネジレないようにするのが基本です。


■ ただし、ピアノの実践では、「パート」「変わる」ことはよくあります。
必要と感じた場合は構いません。


■ ちなみに、基本的な連結の考え方は、「オーケストラ」「合唱」を主に想定しているからです。
しかし、「ポピュラー・ピアノ」の場合、複合的な要素や、演奏法などの都合により、かなり臨機応変で対応しますが、まずは、基本を踏まえておきましょう。




3-2。 両手伴奏 (密集・ブロック)

両手伴奏ブロックタイプです。

「密集」タイプは、大別すると、「低音域」。「中音域」。「高音域」があります。
今回は、「中音域」です。

バスは、コードトーンの1(ルート)。 コード部は、「3。5。7」を置きます。
G7は、5欠(5音の省略)「1。3。7」を使う場合も多いです。

「C6」は、「CM7」の代理です。
「CM7」でもいいのですが、「CM7」の場合、「M7(シ)」と「1(ド)」が、「半音(短2)」の配置の場合
ぶつかるため、それを回避するため、「C6」を使うことが多いです。

ちなみに、「CM7」の場合、「M7(シ)」と「1(ド)」が、「半音(短2)」の配置は、
いけないわけではなく、気になる場合(人)は、ということですので、使っても構いません。

また、メロとの兼ね合い。ポジションの変更等により、コード部を転回しても構いません。







【備考】

「コードトーン(構成音)」表記ですが、一般に「1。3。5。7」数字だけの場合が一般的ですが
学習中は、「短3」と「長3」。「短7」と「長7」など、コードにより、いい加減に覚えている、使ってしまうことがあり、
細かな部分を考える場合、わからなくなることがあるので、ここでは、

「短3(m3)」「長3(M3)」。 「短7(7)」「長7(M7)」
と表示しています。




3-3。 ボイシング 「開離(4声・スプレット)」

■ ボイシングにおける、「4声・スプレット」です。

各コードの「3」「7」を任意で配置します。
これは、「4声体」「内声」である「A(アルト)」「T(テノール)」に相当します。
なので、「横の流れ」を意識するということです。

基本的には、「同音」は、「同じパート」を保持し、「それ以外」「近い音」に進みます。
ただし、メロの位置。ポジションの位置により、任意にコード部を転回して構いません。
曲感としてよいと感じる位置に配置してください。


■ また、必ずしも、「7」の音があるとは限りません。
「7」の音がない場合は、「5」。「6」。「8(1)」など、「7」に近い音を使っても構いません。

ポジションの移動は、必要に応じ、「内声」を転回しても結構です。







【備考】

なんでも関連付けていっしょに覚えていくと覚えやすいので、追記しますと、
「横の流れ」を意識する。 すなわち、「内声」である「A(アルト)」「T(テノール)」に相当するため
美しい流れを作ることができます。 

特にポイントになるのは、「Dm7」-「G7」における「7」-「3」「半音」の流れです。
「Dm7」-「G7」U-Xは、ポピュラーでは頻繁に使われますので、注視しておきましょう。

また、「半音」の流れの部分を作ることも常に意識すると、美しい流れができます。
「G7-C」では、「ファ-ミ」「シ−ド」は、代表的なものですね。 ただし、絶対ではなく例外もあります。






inserted by FC2 system