Y

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

Y

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Y-1 ps-61  「テンション」コード。ボイシング。リゾルブ
  第2回 Y-2 ps-62  「テンション(複数)」コード。ボイシング。リゾルブ
  第3回 Y-3 ps-63  「テンション・コード」の使い方(コード進行)
  第4回 Y-4 ps-64  「テンション・リゾルブ」その他・関連全般
  第5回 Y-5 ps-65  その他





内容
「テンション(複数)」コード。ボイシング。リゾルブ







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 「テンション(複数)」コード。ボイシング。リゾルブ

「テンション(複数)」コード。ボイシング。リゾルブです。







2。「ボイシング」と「テンション・リゾルブ」

2-1。 「9」系。「11」系

■ 「テンション・コード」(テンション・複数)です。
まずは、「9」系「11」系の併用です。


「9」「#11」の併用です。

「CM7」系では、「CM7(9,#11)」。
「C7」系では、「C7(9,#11)」。 「C7(♭9,#11)」。
「Cm7」系では、「Cm7(9,11)」。





「ボイシング(配置)」です。

「テンション」「隣接・直下」解決音(内音)は、省略(オミット)しておくため、
「1拍め」のようなボイシングになります。


「テンション・リゾルブ(解決)」です。

「テンション・リゾルブ」の場合は、基本的には、「2度下」「コードトーン(内音)」の解決音へ声部進行します。






 




「省略」について、

「テンション」「隣接・直下」解決音(内音)は、省略(オミット)は、絶対ではないので、省略しない場合もある。

また、和音数を減らす場合は、「M3」を残し、
「5」を省略する場合がある。
 











2-2。 「9」系。「13」系

「9」系「13」系の併用です。 テンション・リゾルブも表記。


「♭9」「9」「#9」「♭13」「13」の併用です。


「CM7」系では、「CM7(9,13)」。 「CM7(9,♭13)」。
「C7」系では、「C7(♭9,13)」。 「C7(♭9,♭13)」。
「Cm7」系では、「Cm7(#9,13)」。 「Cm7(#9,♭13)」。





「ボイシング(配置)」です。

「テンション」「隣接・直下」解決音(内音)は、省略(オミット)しておくため、
「1拍め」のようなボイシングになります。


「テンション・リゾルブ(解決)」です。

「テンション・リゾルブ」の場合は、基本的には、「2度下」「コードトーン(内音)」の解決音へ声部進行します。










2-3。 「9」系。「11」系。「13」系 (UST) 

「9」系と「11」系と「13」系です。 これを「UST」(アッパー・ストラクチャー)といいます。


■ 主に、「C7」系で、「C7(9,#11。13)」。
これは、C7の上に、「Dコード」に乗せた形でもあります。





「ボイシング(配置)」です。

「テンション」「隣接・直下」解決音(内音)は、省略(オミット)しておくため、
「1拍め」のようなボイシングになります。


「テンション・リゾルブ(解決)」です。

「テンション・リゾルブ」の場合は、基本的には、「2度下」「コードトーン(内音)」の解決音へ声部進行します。












inserted by FC2 system