Y

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

Y

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Y-1 ps-61  「テンション」コード。ボイシング。リゾルブ
  第2回 Y-2 ps-62  「テンション(複数)」コード。ボイシング。リゾルブ
  第3回 Y-3 ps-63  「テンション・コード」の使い方(コード進行)
  第4回 Y-4 ps-64  「テンション・リゾルブ」その他・関連全般
  第5回 Y-5 ps-65  その他





内容
その他







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 その他

その他です。







2。その他

2-1。 「ボイシング」のポイント

「ボイシング」難しく、個々にやると大変です。 ポイントをあげますので、ケースバイケースで対応してください。





■ 「ボイシング」では、「演奏」の都合や、「和音の響き」などのため、「和音」の数の増減をしたり、「配置」を変えたりします。

  ・「和音」の数「多い」と、演奏が難しくなり、響きも濁りやすい。
  ・「和音」の数「少ない」と、演奏がし易くなり、響きもスッキリする。(反面、味が薄い)


■ 「解決」と「省略」

  ・「テンション」「隣接・直下」解決音(内音)は、省略(オミット)しておく。
  ・「解決」する方向は、「下行」解決するが、「上行」解決する場合もある。
  ・「解決」は、「する」場合もあるし、「しない」場合もある。
  ・「解決音」は、同時和音では、省略しておくが、省略しない場合もある。
  ・オミットする音は、「オクターブ下」へ配置することがある。
  ・和音数減らす場合は、主に「5」を省略する。


和音数減らす場合は、まず、「解決音(内音)」を省略するとよい。
特に、テンションが複数ある場合は、減らしやすい。


「1(ルート)」は、ピアノ・ソロでは、重要な役割があるので、省略しない。
曲によっては、転回して、「1(ルート)」を省略する場合もあるが、やはり、「1(ルート)」を省略してしまうと、曲のメリハリがなくなるので、必要なフレーズ以外は、省略しないほうがよいと思います。

  ・第「3」音の省略は、「長和音(M3)」「短和音(m3)」の区別ができなくなるので注意する。
  ・第「5」音の省略は、最も無難である。
  ・第「7」音の省略は、「長7(M7)」と「短7(7)」である、「メジャー」「ドミナント」のコードの区別。
    また、「テンション」との音程(響き)に関係するので、注意する。


「省略」について、「テンション」「隣接・直下」解決音(内音)は、省略(オミット)は、絶対ではないので、省略しない場合もある。 また、和音数を減らす場合は、「M3」を残し、「5」を省略する場合がある。


「密集」の場合、解決音を省略しない場合では、「2度」音程で配置することがある。
ただし、「長2度」の場合はよいが、「短2度」になる場合は、できれば避けるか、オクターブ移動する。


■ 全体的にいえることですが、「○(可)」。「×(不可)」と、区別しやすいですが、「△(どちらでもよい)」場合も多いので、多少、通例と異なっていても、気にしないで結構です。 要するに、人によりけりという感じがあるので、シビアに「○(可)」。「×(不可)」と、どちらか一方に区別しなくてもよい。


 



「テンション」(1つ)のコード
 




 









 



「テンション」(複数)のコード。 「9系」「11系」
 









 




 



「テンション」(複数)のコード。 「9系」「13系」
 










inserted by FC2 system