Z

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Z-1 ps-71  「長調」ダイアトニック・コードの「スケール」
  第2回 Z-2 ps-72  「短調」ダイアトニック・コードの「スケール」
  第3回 Z-3 ps-73  「ドミナント7」(dim)の「スケール」
  第4回 Z-4 ps-74  「ノン・ダイアトニック・コード」(セカ・ドミ)の「スケール」
  第5回 Z-5 ps-75  「フレーズ・コード・スケール」の関係(1)
  第6回 Z-6 ps-76  「フレーズ・コード・スケール」の関係(2)
  第7回 Z-7 ps-77  「その他」





内容
「長調」ダイアトニック・コードの「スケール」







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 「スケール」

■ 「長調」の「スケール」です。







2。「まえがき」

「スケール」 (コード・スケールアベイラブル・ノート・スケール)についての前書きです。

「スケール」の選択使用については、必要に応じますので、必要ない方学習する必要はありません
結局のところ、「好み」(ジャンル)による選択使用です。


選択「正誤」的よりも、「好み」による部分も大きいので、「基本(守調的)」「応用(変化・変則的)」の両面の度合いによりますので、柔軟に対応してください。


ポピュラーでは、「スケール」の利用がありますが、ジャズ系などには必要ですが、トライアド系に近い、クラシック系の方は、「長音階(メジャー・スケール)」「短音階(マイナー・スケール)」だけでも十分です。


「スケール」選択は、「調」「度数」その他の理由で異なります。

「アボイド・ノート」というものがありますが、「和音」や「長音」には、使わないほうがよい音ですが、「短め」の音でしたら使えますので、ここでは、説明は省略いたします。


「スケール」の選択の仕方や、スケールを覚えることは大変なこですし、説明が冗長になりがちですので、講座では、「シンプル」ポイントのみの解説に留めます。 ですので、
詳細説明が必要な方は、専門サイト等を検索してください。






3。「長調」ダイアトニック・コードの「スケール」

3-1。 「C調」ダイアトニック・コードの「スケール」

■ Cアイオニアン。 
T(6。M7)。 CM6 (ド。ミ。ソ。ラ)。 CM7 (ド。ミ。ソ。シ)

「C(ド)」を、主音とするスケールと対応コードです。 (以下、同様のため省略)
「C調(長調)」ダイアトニック・コードを中心にしたスケールです。  


「アボイド(ノート)」は、P4のファです。
「アボイド」とは、有効に働かない音ですので、「和音」や「長音」には利用を避けます。
ですが、「短音」であれば、経過的になら使えます。







■ Dドリアン
Um7。 Dm7 (レ。ファ。ラ。ド)。  「アボイド」は、M6(13)のシです。







■ Eフリジアン
Vm7。 Em7 (ミ。ソ。シ。レ)。  「アボイド」は、m3のファとm6のシです。







■ Fリディアン
W(6。M7)。 FM6 (ファ。ラ。ド。レ)。FM7 (ファ。ラ。ド。ミ)。  「アボイド」は、ありません。







■ Gミクソリディアン
X7。 G7 (ソ。シ。レ。ファ)。  「アボイド」は、P4のドです。







■ Aエオリアン
Ym7。 Am7 (ド。ミ。ソ。シ)。  「アボイド」は、m6のファです。







■ Bロクリアン
Ym7(♭5)。 Bm7(♭5) (シ。レ。ファ。ラ)。  「アボイド」は、m2のドです。









3-2。 「C音」からの「スケール」

■ 主音を、「C(ド)」に統一して、各・スケールを比較してみます。


■ Cアイオニアン







■ Cドリアン







■ Cフリジアン







■ Cリディアン







■ Cミクソリディアン







■ Cエオリアン







■ Cロクリアン










inserted by FC2 system