Z

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Z-1 ps-71  「長調」ダイアトニック・コードの「スケール」
  第2回 Z-2 ps-72  「短調」ダイアトニック・コードの「スケール」
  第3回 Z-3 ps-73  「ドミナント7」(dim)の「スケール」
  第4回 Z-4 ps-74  「ノン・ダイアトニック・コード」(セカ・ドミ)の「スケール」
  第5回 Z-5 ps-75  「フレーズ・コード・スケール」の関係(1)
  第6回 Z-6 ps-76  「フレーズ・コード・スケール」の関係(2)
  第7回 Z-7 ps-77  「その他」





内容
「フレーズ・コード・スケール」の関係(1)







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 「フレーズ・コード・スケール」の関係(1)

「フレーズ・コード・スケール」の関係です。
内容も細かく、ボリュームも多くなりますので、概略のみとします。







2。「フレーズ・コード・スケール」の関係(1)

2-1。 「コード・トーン」を中心にするフレーズ

コード・トーンを中心とする場合




コードトーン(セブンス)の活用

テンションの活用

  ・メジャーコードの6またM7は、自由に付加音として使える
  ・6は、M7の場合は、テンションの13と解釈される。 C6。 CM7(13)
  ・ドミナントコードの9は、G7(9)-CM7。(メジャーコード)に解決。 
   b9は、A7(b9)-Dm7。(マイナーコード)に解決。 するのが一般的


アプローチノートの活用

  ・「全音(ダイアトニック・アプローチ)。半音(クロマティック・アプローチ)」の「上下」から、コードトーンに
  進む使い方


パッシングノート(経過音)の活用

ディレイド(遅延)リゾルブの活用

  ・一音挟んで、解決する。 全音。半音の場合あり




2-2。 「コード・スケール」を中心にするフレーズ

コード・スケールを中心とする場合。 (アベイラブル・ノート・スケール)




メジャー系・スケール

  ・アイオニアン(T) (Tコード用)
  ・リディアン(W) (Wコード用) (Tコード)使用可


マイナー系・スケール

  ・エオリアン(Y)
  ・ナチュラル・マイナー(エオリアン)   Am7 7(ソ)
  ・ハーモニック・マイナー    AmM7 M7(ソ#)
  ・メロディック・マイナー    Am6 6(ファ#)。M7(ソ#)
  ・ドリアン(U)    (Uコード用) m7系・可 6(ファ#)
  ・フリジアン(V)   (Vコード用) マイナー・キーのXm7
  ・ロクリアン(Z)   (Zコード用) m7b5系


ドミナント系・スケール 主な4スケール

  ・ミクソリディアン(X)    (X7・基本スケール)
  ・フリジアン・ドミナント   V7(E7)-Am。 Y7(A7)-Dm。 マイナー解決のセカドミ時
    (ハーモニック・マイナー・P5↓)
  ・リディアン・ドミナント   W7(F7)-C。U7(D7)-G。 メジャー解決のセカドミ時
  ・オルタード・ドミナント   ほとんどのセブンスコード。 強いテンション感あり


ディミニッシュ系・スケール

  ・ディミニッシュ・スケール   Cdim7 dim7
  ・コン・ディミ・スケール    C7 T7(C7)-F。 U7(D7)-G。 X7(G7)-C。 メジャー解決




2-3。 例

メジャー系・スケール の例です。

例えば、「メジャー系・スケール 」は、このようにコード進行の場合、それぞれ、対応したスケールを選択します。





マイナー系・スケールの例です。
 




ドミナント系・スケールの例です。



 






inserted by FC2 system