Z

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

Z

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 Z-1 ps-71  「長調」ダイアトニック・コードの「スケール」
  第2回 Z-2 ps-72  「短調」ダイアトニック・コードの「スケール」
  第3回 Z-3 ps-73  「ドミナント7」(dim)の「スケール」
  第4回 Z-4 ps-74  「ノン・ダイアトニック・コード」(セカ・ドミ)の「スケール」
  第5回 Z-5 ps-75  「フレーズ・コード・スケール」の関係(1)
  第6回 Z-6 ps-76  「フレーズ・コード・スケール」の関係(2)
  第7回 Z-7 ps-77  「その他」





内容
「その他」







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 「その他」

「その他」です。







2。「備考」

2-1。 「転調」(平行調)

■ 余談ですが、転調もありましたので、「平行調」の転調に関連しての話しです。
「平行調」の転調のよさは、自然な感じで「いつの間にか」転調する点でしょう。

ダイアトニック・コードで確認してみますと、「調性」の確立の目安は、「U-X-T」です。
「C調」において、「U-X-T」は、「Dm7-G7-C」ですので、これはわかりますね。

問題は、「Am調」の「U-X-T」です。
これは、「Bm7♭5-E7-Am7」です。


「C調」のダイアトニック・コードには、「E7」がありませんので、一見、「Bm7♭5-E7-Am7」が組み立てられないように感じますが、「Em」を「E7」代理してやればよいわけです。

ということで、「コード進行」に、「Bm7♭5-Em-Am7」があれば、「Bm7♭5-E7-Am7」にリハモすることで、
「Am調」の「U-X-T」を作ることができますので、ここを「Am調」として転調すればよいわけです。


■ 先は、「C調」を主調として、「Am調」の転調を作るケースでしたが、逆に、
「Am調」を主調として、「C調」の転調を作るケースもあります。

考え方は、「Am調」において、「C調」の「U-X-T」である「Dm7-G7-C」を組み立てればよいわけです。
なので、「Bm7♭5-E7-Am7」のところを、「Dm7-G7-C」に書き変えると、同じ「U-X-T」ですので、リハモできます。

ちなみに、「メロディー(フレーズ)」の書換え(移動)もしたほうが、より転調感がでる場合が多いです。
 




■ もう一つ、余談ですが、「偽終止」関係についてです。

「コード・スケール」の選択には、「キー(調)」「ディグリー」の関係の分析のための「理論」が必須ですが、
特に、いろいろな調を分析していると、

「○7」は、「ドミナント7」「セカ・ドミ」でよく生じますが、
いろいろな調において、「ドミナント7(ドミナント終止)」でもなく、「セカ・ドミ」でもない場合があります。


まず、
「C調」の「G7-Am7」と、「Am調」の「E7-F」は、ともに、「偽終止(X7-Y)」ですし、
「C調」の「G7-Em7(E7)」と、「Am調」の「E7-C」も、ともに、「偽終止(X7-V)」です。

というとで、「○7」が、「ドミナント7(ドミナント終止)」でもなく、「セカ・ドミ」でもない場合は、
「偽終止」ではないか? と探ってください。

どうしても、「○7」は、「ドミナント7(ドミナント・終止)」「セカ・ドミ」が主なので、まれに、
それでは解釈できない場合に出くわすと悩んでしまいますが、他調「偽終止」が使われている場合も
結構ありますので、注視してみましょう。


■ その他、「○7」は、「裏コード」。 「代理。F→Fm→B♭7」など。 「U-X7」-「U-X7」転調。など
いろいろありますので、模索してみましょう。




2-2。 「3和音・4和音。スケールの選択」等の利用

「3和音(トライアド)・4和音(セブンス)。スケール」の選択は、ジャンルや好みで左右されます。

ポピュラーというと、結構、幅が広く、全て、同じような選択をしているわけではなく、
「クラシック」「ポップス」などでは、「3和音系」でも十分であり、「スケール」も、「Cアイニアン」。「Dドリアン」・・・といった、無意識に使っていた、基本的な「コード・スケール」で十分です。

「テンション」も、「コードトーン」だけで、フレーズや伴奏を書くことは、普通、ないわけで、
これも、「経過音」や「テンション・リゾルブ」などで、必然的に使っているわけですから、これらの音は、「ノン・コードトーン」であり、「テンション」なわけです。

ということで、「4和音」。「テンション」。「スケール」の利用は、「ジャズ」系などの音色・曲感を必要とする場合は、それに対応したものが必要なわけで、逆にいうと、必要でなければ、無理に使う必要もないわけです。

ということで、各自、必要に応じ、柔軟に対応してください。






inserted by FC2 system