[

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

[

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 [-1 ps-81  「コード・スケール」に慣れよう。(1)  (基本内容)
  第2回 [-2 ps-82  「コード・スケール」に慣れよう。(2)  (「セカ・ドミ」を含む)
  第3回 [-3 ps-83  「コード・スケール」に慣れよう。(3)  (「セカ・ドミ」を含む)
  第4回 [-4 ps-84  「コード・スケール」に慣れよう。(4)  (「m6」を含む)
  第5回 [-5 ps-85  「コード・スケール」に慣れよう。(5)  (「転調。U-X-T」を含む)
  第6回 [-6 ps-86  「コード・スケール」に慣れよう。(6)  (短調)
  第7回 [-7 ps-87  「コード・スケール」に慣れよう。(7)  (「dim」を含む)
  第8回 [-8 ps-88  「コード・スケール」に慣れよう。(8)  (「コン・ディミ・スケール」を含む)
  第9回 [-9 ps-89  「コード・スケール」に慣れよう。(9)  (「ホール・トーン・スケール」を含む)





内容
「コード・スケール」に慣れよう。(3)







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 「コード・スケール」に慣れよう。

「コード・スケール」に慣れようです。

他項重複するような、同じような説明省略させていただきます。







2。「コード進行とコード・スケール」の例

2-1。 「C調」の例 (「セカ・ドミ」を含む)

■ 例えば、このようなコード進行の場合の「コード・スケール」の選択です。

Z-1Z-3にありますように、「コード」と「コード・スケール」の相関がありますので、それぞれ選択しますと下記です。

  E7  Eフリジアン・ドミナント
  A7  Aオルタード・ドミナント


E7では、セカドミのため、Eフリジアン・ドミナントです。
「E7-A7」となっていますが、元のハーモナイズを推測して、「E7-Am7」と、「Am7」「マイナー・コード」に解決すると解釈しています。

ちなみに、「E7-A」と「メジャー・コード」に解決して、「転調」したと考えることも可能です。


A7も、セカドミですが、Aオルタード・ドミナントです。
オルタード・ドミナントは、どこでも使えるためです。





続いて、

  D7  Dリディアン・ドミナント
  G7  Gオルタード・ドミナント
  CM7 Cアイオニアン

D7では、セカドミのため、Dリディアン・ドミナントです。
「D7-G7」は、「G」「メジャー・コード」に解決しているためです。

G7は、ミクソリディアンが基本ですが、
オルタード・ドミナントは、どこでも使えるため、Gオルタード・ドミナントです。


■ 今回のように、「セカドミ」が多用されると、「解釈」もいろいろ生じます。
複数の解釈ができるため悩みますが、どう解釈してもそれはそれで味がでるので、任意で選択してください。

■ ちなみに、元のコード進行を推測すると、C調なので、それぞれダイアトニック・コードを当てはめてみると、
Em7-Am7-Dm7-G7-CM7 ですね。

■ 参考までに、「ダイアトニック・コード」です。
CM7。 Dm7。 Em7。 FM7。 G7。 Am7。 Bm7b5




2-2。 「F調」の例

■ 上の例の、「F調」版です。

■ 参考までに、「ダイアトニック・コード」です。
FM7。 Gm7。 Am7。 BbM7。 C7。 Dm7。 Em7b5









2-3。 「G調」の例

■ 上の例の、「G調」版です。

■ 参考までに、「ダイアトニック・コード」です。
GM7。 Am7。 Bm7。 CM7。 D7。 Em7。 F#m7b5











inserted by FC2 system