[

【目次】 T U V W X Y Z [ \

講座

[

 講座No

ファイル名

内容
  第1回 [-1 ps-81  「コード・スケール」に慣れよう。(1)  (基本内容)
  第2回 [-2 ps-82  「コード・スケール」に慣れよう。(2)  (「セカ・ドミ」を含む)
  第3回 [-3 ps-83  「コード・スケール」に慣れよう。(3)  (「セカ・ドミ」を含む)
  第4回 [-4 ps-84  「コード・スケール」に慣れよう。(4)  (「m6」を含む)
  第5回 [-5 ps-85  「コード・スケール」に慣れよう。(5)  (「転調。U-X-T」を含む)
  第6回 [-6 ps-86  「コード・スケール」に慣れよう。(6)  (短調)
  第7回 [-7 ps-87  「コード・スケール」に慣れよう。(7)  (「dim」を含む)
  第8回 [-8 ps-88  「コード・スケール」に慣れよう。(8)  (「コン・ディミ・スケール」を含む)
  第9回 [-9 ps-89  「コード・スケール」に慣れよう。(9)  (「ホール・トーン・スケール」を含む)





内容
「コード・スケール」に慣れよう。(5)







1。 テーマ     (指示なきは「C調」)

1。 「コード・スケール」に慣れよう。

「コード・スケール」に慣れようです。

他項重複するような、同じような説明省略させていただきます。







2。「コード進行とコード・スケール」の例

2-1。 「C調」の例 (「転調。U-X-T」を含む)

■ 例えば、このようなコード進行の場合の「コード・スケール」の選択です。

Z-1Z-2Z-3にありますように、「コード」と「コード・スケール」の相関がありますので、それぞれ選択しますと下記です。


■ C調です。
CM7は、Tのため、Cアイオニアンです。


■ 次は、コード理論解釈が必要ですが、「平行調」「転調」です。
「Bm7b5-E7-Am7」は、「Am調」U-X-Tです。

Am7は、C:Yなので、エオリアンですが、同時に、「Am:T」ということで、
短調トニックですね。 曲感も、「Am」では、「マイナー・トニック」の落ち着いた感じがします。

■ また、「E7」は、E7-Am7マイナー解決していますので、Eフリジアン・ドミナントです。

5小節以降も、C調U-X-Tです。
よって、ドリアン。ミクソリディアン。アイオニアン。 と基本的な選択をしました。

■ 参考までに、「ダイアトニック・コード」です。
CM7。 Dm7。 Em7。 FM7。 G7。 Am7。 Bm7b5





■ この曲では、「C調」「Am調」が混在していることに注視しましょう。

「転調」は、音楽理論の中では、難しい部類ですよね。

どこが、「転調」しているのか、把握するには、ある程度の訓練も必要ですので、特に、作曲・編曲などやらない限り、音楽理論は無縁の方も多いかと思いますが、「コード・スケール」の選択には、「キー(調)」「ディグリー」の把握は必須ですので、丁寧に学習しておきましょう。


■ ちなみに、「平行調」「転調」は、転調のし易さから、よく、使われます。
なぜなら、この元の曲「C調」の 「CM7-Bm7b5-Em7-Am7-Dm7-G7-CM7」 だと推測されます。

そうしますと、Em7E7代理しただけで、元の「C調」の曲から、「転調」のある曲になります。
超簡単転調できましたね・・・  ^^


■ おまけですが、元の曲が 「CM7-G7-Em7-Am7-Dm7-G7-CM7」 であったとしても、同じです。
G7-Em7を、それぞれ、Bm7b5-E7に、代理してやればよいわけです。

なぜなら、「カデンツ」「機能(T。S。D)」「代理」の知識があれば、導かれるからです。
このように、ちょっとしたコツを知っていますと「転調」はできますので、意識して「転調」を学習しておきましょう。




2-2。 「F調」の例

■ 上の例の、「F調」版です。

■ 参考までに、「ダイアトニック・コード」です。
FM7。 Gm7。 Am7。 BbM7。 C7。 Dm7。 Em7b5









2-3。 「G調」の例

■ 上の例の、「G調」版です。

■ 参考までに、「ダイアトニック・コード」です。
GM7。 Am7。 Bm7。 CM7。 D7。 Em7。 F#m7b5











inserted by FC2 system