天炎(てんも)ゆる * 

         + 曲リスト -   

1番
    暑い暑い盛(さか)りに灼(や)くる浜辺を 水売(みずう)り聞こえる簾(すだれ)越しに
     高い高い船縁(ふなべり)繋(つな)ぐテープも 霧笛(むてき)が響けば別れ間(ま)じか

        鉄の雨に突き進む 御国(おくに)の為(ため)よ桜(はな)と散る
         胸元(むなもと)せがんだ乳(ち)ぜり泣く子に 銜(くわ)えた乳首(ちちくび)赤く染まる


2番
    蒸(む)する蒸(む)する夏の夜(よ)袖(そで)の解(ほつ)れを 灯りも点(つ)けずに夜なべ裁縫(しごと)
     響く響くサイレン頭巾(ずきん)かぶれば 乳飲(ちの)み子(ご)背に負(お)い逃げ惑(まど)う

        炎(も)ゆる雲に勇(いさ)ましく 御国(おくに)の為(ため)よ桜(はな)と散る
         笑顔の写真を額(がく)に飾れば 形見のお守り握(にぎ)りしめた


フィナーレ
        鉄の雨に突き進む 御国(おくに)の為(ため)よ桜(はな)と散る
         胸元(むなもと)せがんだ乳(ち)ぜり泣く子に 銜(くわ)えた乳首(ちちくび)赤く染まる


inserted by FC2 system