堅香子(かたかご)の花 *  

         + 曲リスト -  

1番
    月影(つきかげ)清(さや)か冴(さ)え返(かえ)る夜(よ) 水辺(みずべ)の音(おと)も沢(さわ)に響く
     衣更着(きさらぎ)納(おさ)め浅黄(あさぎ)衣(ころも) 明ければきっと春も近い

        袖(そで)を折って会えればいいと どうか見せてあの人の夢
         愛の行方(ゆくえ)を待つ身のままに 願い込めて流れ行く星に


2番
    日差しも強く光る風よ 木立(こだち)の下(した)は萌(も)ゆる緑(みどり)
     小さな花が咲いているの 可憐(かれん)な色で揺れているわ

        だれのために俯(うつむ)いてるの 頬(ほほ)を染めて堅香子(かたかご)の花
         そばに居(い)させてあなたの腕に 愛を告げて咲いたこの朝に


フィナーレ
        だれのために含羞(はにか)んでるの 頬(ほほ)を染めて堅香子(かたかご)の花
         そばに置かせてあなたの胸に 愛を告げて咲いたこの朝に


inserted by FC2 system