星まつり *  

         + 曲リスト -  

1番
    高き夏雲 湧(わ)き立ちて 走る雨が打ち水を
     そぞろ賑(にぎ)わう街並(な)みに 出(い)でし彼と星まつり

        露(つゆ)を硯(すずり)に移しかえ 願い込めた言(こと)の葉は
         遥(はる)か昔に想い馳(は)せ 夫婦星(めおとぼし)も橋渡る


2番
    一人泣いてた幼(おさな)日は 切れた鼻緒 結べずに
     通りすがりの白絣(しろがすり) 足を止めて微笑(ほほえ)んだ

        そんなあの日が懐(なつ)かしい 今は傍(そば)で寄り添えば
         紙の衣を折りながら 結ぶ笹は稚児(ちご)の雛(ひな)


フィナーレ
        連(つ)れる幼子(おさなご)弾(はじ)く手に 七つ色の水風船[みずたま]よ
         星も降るよな七夕(たなばた)に 夢も託(たく)す吹き流し


inserted by FC2 system