野菊の花櫛(はなぐし) * 

         + 曲リスト -  

1番
    里山 遠く秋を着て 見上げる空は赤い雲
     土手(どて)沿(ぞ)い道に火が灯り 松虫 鳴けば村祭り

        踊る童(わらべ)笛太鼓(ふえたいこ)  一人含む手毬飴(てまりあめ)
         野には花咲く薄紫(うすむらさき)の  清く気高し花よ


2番
    とんぼが留(と)まる花櫛(はなぐし)は あなたがくれた菊の櫛(くし)
     想えば去年 二人して 繋いだ指を見つめては

        涙ほろり ほろほろり  霞(かす)む空は朧月(おぼろづき)
         野辺に群れ咲く薄紫(うすむらさき)の  秋の名残(なごり)を惜(お)しむ


フィナーレ
        涙ほろり ほろほろり  揺れる池に彼の影
         野には花咲く薄紫(うすむらさき)の  強くあかるい花よ
         風に揺れ咲く薄紫(うすむらさき)の  秋の終わりを惜しむ


inserted by FC2 system