乙女桜 * 

         + 曲リスト -  

1番
    蕾(つぼみ)ほころぶ 弥生(やよい)山(やま) 春の薫りが 漂(ただよ)えば
     齢(よわい)十六(じゅうろく) 高島田(たかしまだ) 娘姿で雛(ひな)遊び

        四ツ目 垣根越(ご)しの お兄様(にいさま)  明日(あす)は 六日縁日(むつえんにち)お誘いの
         両人(ふたり)揃(そろ)って 出かければ りんご飴(あめ)片手に 紙芝居(かみしばい)


2番
    更紗(さらさ)金魚に誘(いざな)われ そーと水面(みなも)にポイ入れりゃ
     二匹いっしょに掬(すく)うから 「ほーら 破けた」大笑い

        燃ゆる想(おも)いになお 募(つの)る恋  弾む駒下駄(こまげた)の音(ね) カラコロリ
         優(やさ)し面影(おもかげ) 君様(きみさま)の  舞うは桜吹雪(さくらふぶき) ほろりほろり


フィナーレ
        細い木下路(このしたみち)通り抜け 池の茶店の席 場所 取れば
         「ここへ お座りしやしゃんせ」 薄茶(うすちゃ)"口紅"[べに]咲く碗(わん) 乙女桜(おとめざくら)


inserted by FC2 system