■コード先・作曲 

「コード先作曲」の弱点  

「コード先・作曲」は「コード進行」が、まず、必要だけど。。。


「コード先作曲」の弱点


  

 (「コード進行」自分で、用意する必要がある)


【教授】\ __○ノ
「コード先・作曲」を勉強してきたわけだが、「長所・短所」があるのでお話しようね。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   (・・*)。。oO (想像中)
    
【教授】\ __○ノ
「長所」としては、「作曲」の理屈や説明がしやすい。。。ということです。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   ボク。もう作曲できるよ。(^^v
    
【教授】\ __○ノ
そうだろ。  そのように「コード先・作曲」はわかりやすいんだね。 ただ。。。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   ただ。。。? なに     ( ̄ー ̄?).....??  
    
【教授】\ __○ノ
ただ、大きな問題があるんだ。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   (((( ;゚Д゚))) ガクガク ブルブル
    
【教授】\ __○ノ
「コード進行」。。。だれが用意するんだ? ってこと。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ
  メイドしゃん!!  (^^)/

    
【教授】\ __○ノ
それじゃ、作曲にならんだろ。 君が用意するんだよ。。。(^^;
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ
  ショック☆ <( ̄□ ̄;)> ☆ショック    (/ー ̄;) シクシク

    
【教授】\ __○ノ
まぁ。。。そうがっかりしなくてもよい。
「コード進行」の作り方は、後で勉強するから心配しなくてもよい。
 今回は、「コード先・作曲」で、「コツ」を理解できればそれで十分だよ。
Tom ヘ( ̄ー ̄;)ノ   わぁぁぁい。(^^)/

【黒板】\ __○ノ 注目!!
  • 「コード進行」だれが用意すんの? (^^    orz。。。




  



補足解説   

「コード進行」の基本 

 「コード進行」の基本は?

「コード進行」の基本
「機能和音・主要3和音」
@ C-F-C
A C-G-C
B C-F-G-C
簡単に「コード進行」について触れておきましょう。

基本となる「コード進行」は、左記の「3パターン」だけになんですよ。

まさか?   Σ(・ω・ノ)ノ! おっとびっくりっ!
と思われた方も多いでしょう。 現実には、ようようなコード進行があるように見えますが、それは、「応用」しているからです。 「代理」。「分割」。「省略」。さらに、「借用和音」。「転調」。などすると、多様なものになるわけです。

「C調」においても、そもそも、「ダイアトニックコード」(
CDmEmFGAmBm-5)がありましたよね。  だけど、たった3つのコードのCFGしか使っていませんね。

 
これを
「機能和音・主要3和音」。といいます。

その他のコードは、
「補助コード」といい、「C」「F」「G」代わりに、要するに「代理」して使います。 ですので、音楽は、最終的には「機能和音・主要3和音」。のコード進行に集約して考えることができます。  それを、「カデンツ」といいます。 



  



 コード先・作曲


inserted by FC2 system